ホーム | 日系社会ニュース | 文協「移民の肖像画展」23日から=半田画伯作品など18点

文協「移民の肖像画展」23日から=半田画伯作品など18点

ニッケイ新聞 2013年1月19日付け

 ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長主催)主催の『移民の肖像画展』が23日から、ブラジル日本移民資料館(Rua Sao Joaquim, 381, Liberdade)で開かれる。28日まで。
 画家の半田知雄氏の作品が多くを占め、香山六郎、高岡専太郎、崎山比佐衛氏らの肖像画18点が展示される。
 入場料一般6レアル、学生3レ、5〜11歳1レ、5歳以下と65歳以上は無料。開館時間は午後1時半〜5時半。22日午後7時からオープニングがある。
 問い合わせは文協(11・3208・1755)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ