ホーム | 日系社会ニュース | サンパウロ市から励ましの声=新潟県中越地震被災者へ=NHK生中継

サンパウロ市から励ましの声=新潟県中越地震被災者へ=NHK生中継

11月9日(火)

 「新潟中越地震義捐金にご協力を! 被災者の皆さん、頑張って下さい」と書かれた垂れ幕を手にしたブラジル日本文化協会、新潟県人会、県連関係者ら約二十人が出演し、六日午後六時過ぎからNHKはサンパウロ市リベルダーデ広場から生中継を行った。約五分間に渡り、コロニアからの応援メッセージが日本の被災者に送られた。
 壁が落ちるなど、実兄が住む新潟県川西町の実家が被災し、避難勧告の赤紙が張られたという金子国栄さん(64、レジストロ)は、「遠くに住んでいて何もできないが、せめて募金キャンペーンなどの協力をしたい。被災者の方は体に気をつけて頑張ってほしい」とメッセージを送った。
 地震のニュースをNHK国際放送で見て、会員に電話して伝えて回った新潟県人会の南雲良治会長は、「冬はそこまで迫っている。被災者の方の身になったら、涙がでそうな辛い毎日ではないかと思う」とし、「遠くはアマゾンなど、ブラジル全域から寄付や問い合わせが連日、県人会に来ている」と報告した。
 その場を通りかかった移住者らが、黙って募金箱に五十レアル、二十レアル札を入れる場面も次々と見られた。
 インタビューを終えたNHKの中島昇リオ支局長は、「日系人の方の想いが伝わった放送になれば」と企画意図を説明した。同局が総力を挙げて取り組んだ、この二十四時間の特集番組「被災者の声・いま私たちにできること」では、海外の在留邦人や日系人の声の中継はサンパウロ市からだけだった。
 一方、その場に居合わせた、ブラジル日系老人クラブ連合会の山本茂副会長は本紙記者に対し、九五年の阪神大震災時には傘下の七十支部(約七千人)に呼びかけて約二百四十万円集めたことを強調し、「今回も募金活動をしています。各支部のみなさん、一円でも多く協力をお願いします」と語った。
 なお文協、新潟県人会らが中心となって組織した新潟中越地震救援委員会が設置した支援専用口座は、次の通り。
 ブラデスコ銀行(銀行番号237)リベルダーデ支店(支店番号0131-7)口座番号123・300-9。振り込み先SOCIEDADE BRASILEIRA DE CULTURA JAPONESA。
 その他、新潟県人会、援協診療所、日伯友好病院などに募金箱が設置されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳2018年11月6日 ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳  ビニールハウスのような養殖場に入ると、一瞬息が詰まるぐらいムッとし、眼鏡とカメラのレンズが曇った。きけば内部温度は37度以上に保たれているという。  ここは江尻龍之介さん(60、愛知県)が経営するピラルクー養殖場だ。サンパウロ市から南西に127キロのミラカツー市にあ […]
  • イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟2018年10月23日 イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟  「これが太古の闇か…」――ガイドが鍾乳洞の電気を消した瞬間、深い感動を覚えた。  「悪魔の洞窟」(Caverna do […]
  • ■訃報■荒木克弥さん2018年9月18日 ■訃報■荒木克弥さん  アルジャー文化協会会長、山形県人会会長などを歴任した荒木克弥さんが12日夜にアルジャー市内の病院に運び込まれ、死亡が確認された。享年80歳。死因は肺炎だった。  荒木さんは1937年10月24日、山形県生まれ。東京農業大学に入り、在学中米国カリフォルニア州で農業実習 […]
  • 感動の眞子さまご来伯を振り返って2018年8月7日 感動の眞子さまご来伯を振り返って  ブラジル日本移民110周年を記念して訪問された眞子さまは、かつて皇族が足を踏み入れたことがなかった地を何カ所もお訪ねになり、各地で祈りと癒しを実践された。本紙記者が各地で取材した内容からご訪問のハイライトを振り返りたい。  最たるものは、ノロエステ開拓最前線でマラリ […]
  • 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流2018年8月2日 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流  ブラジル日本移民110周年のための皇室公式訪問最終日の28日、眞子さまはパラー州都ベレンの汎アマゾニア日伯協会(生田勇治会長)で行われた日系社会歓迎行事のほか、同地の日系人や日本移民とのご引見、ヴェル・オ・ペゾ市場の視察などをされた。式典には約230人が参加し、3回目 […]