ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年1月25日付け

 椎名誠といえば、多くの旅行記や冒険談をものにしている有名作家だが、週刊文春10月25日号の彼のコラムはあまり頂けないものだった▼軽い文体で中国をケナす主旨なのだが、《まず国際感覚でいうと、その国の「気性」は入国や出国の際のイミグレーションでだいたいわかる》とし、中国のそれは高飛車だが《ラテンの国などはイミグレーションの役人が鼻唄なんか歌っていて緊張感のカケラもない》と対比させる。ラテンの一角を占める伯国の入管では、少なくともコラム子は緊張しっぱなしだ▼中国では従業員が信用できないから、店で売り子にお金を直接払うことが出来ず、わざわざ会計で払って、後から商品を受け取る。それをさも特殊な事例のように書いているが、当国でもまったく同じだ▼特に気になったのは《その国の「民度」は車の走行マナーでだいたいわかるが、中国は世界でも最低部類に入るだろう。とにかく「意地が悪い」。車間を詰めてできるだけ他車を入れないようにするし、無意味にスピード競争をする》と列記する部分だ。ならば当国も限りなく「世界でも最低部類」に入るのではという気がする▼彼は何十カ国も旅行しただろうが、途上国や新興国に長期滞在したことはないだろう。貧困層がわずか10年程度で中産階級に大量に移動している国で、マナー云々いうこと自体ナンセンスだ。別に中国を弁護する気はないが、先述の状況が世界でも特殊とするのは、先進国の驕りをさらけ出していないか。先進国十数カ国の人が「世界でも最低部類」と思っているかなりの部分は、実は先進国以外の百数十カ国の〃常識〃かも。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か2019年9月27日 ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か  24日の国連総会での演説を、ほぼ「極右大統領としてのプロパガンダ」に終始したボウソナロ大統領。国際舞台が期待していた「アマゾン森林保護対策」に関しては欧米諸国の期待に応えるどころか神経を逆なでしていたようにも見えた。だが「自分の政治ポリシーのアピールの場」にすることし […]
  • 庶民の味方のSUSだけど2019年9月26日 庶民の味方のSUSだけど  このところ利用頻度が増したものの一つに、統一医療保健システム(SUS)がある。公立病院や保健所(UBS)他、私立の医療機関も一部が対応しており、診察や検査、予防接種、一定範囲の医薬品、検査、大人用のオムツなども無料で利用できる▼国や州、市の負担は大きいが、高血圧や糖尿病などの […]
  • ドラマのような「モジ開植の祖」の生涯2019年9月24日 ドラマのような「モジ開植の祖」の生涯  モジ・ダス・クルーゼス入植100周年式典を取材に行って、「灯台下暗し」だったと反省した。興味深い移民史の宝庫だ。サンパウロ市から東に62キロの地点にあるモジ市は、100年前にはわずか3万人の寂しい農村だった。現在では44万人超の人口に増え、州内12位の人口を誇る堂々た […]
  • 日本式とブラジル式の排斥、どちらがいい?2019年9月20日 日本式とブラジル式の排斥、どちらがいい?  「誰かが、誰かを排斥する」。これは現在の日本やブラジルのみならず、どこの国でも何かしら行なわれているものだ。その対象が国によっては「移民」になるであろうし、どこの国もその意味ではモラル上の問題を抱えている▼ただ、自分の生活の問題上、日本とブラジルで展開されている「排斥 […]