樹海

 日系候補者討論会でモリ・ペドロ下議候補が「法律が多すぎて、かえって大半が守られない状況になっている」と語っていた一言が、心に残った▼「MIGALHAS. COM.BR」サイトによれば、2012年に連邦・州議会で可決された法案は実に6234もあり、一日平均なら17だ。10年間続けば6万以上、誰がその法律全体を知っているのか―と首をかしげたくなる。市議会レベルを入れれば、もう天文学的な数だ▼同年の連邦議会は197、州議会で可決法案が最多だったのはミナス州の602、サンパウロ州は9番目で273。こんなに多いのは「可決法案が多いほど政治家が仕事をしている」と解釈する風土があるからか。でもそれ自体どこかおかしい▼モリ候補が疑問を呈したように、法律を増やすのは簡単だが守らせるのは難しい。もし国民の教育水準が上がり、監視員を配置して守らせてきた法律内容が、言わなくても実行される〃常識〃となったら、その法律は削除されてもいい。本来は「文明が進むほど法律は減るべき」という気がする▼ウィキペディアによれば法律の根本であるブラジル憲法(1988年版)だけでも72カ所が修正された。現在も6カ所の修正法案が審議中。憲法本体が終戦直後の46年、軍政開始後の67年、民政移管後の88年の3回も作り替えられた。いわば歴史の節目ごとに新しくなっている▼思えば日本の憲法は戦後一度も変わらず、修正すらない。70年も経てば時代は変わる。第9条を変えて「戦争をしろ」と言っている訳ではないが、それ以外の点にも不都合はないのか。ブラジルは変わり過ぎかも知れないが、変わらないのも不自然だ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2012年11月27日 第13回=バレイリンニャス=トヨタ車が一番多い町=「砂丘ではバンジが最高」 ニッケイ新聞 2012年11月27日付け  一行の浜口洋さん(68、三重)も小山徳さん同様に工業移民で、最初はNEC、73年からはテレブラスに勤めていた。「軍事政権は電信電話による全伯のインテグラソン(統合)を目指していた。70年代にようやく電話が普及したが、 […]
  • 《ブラジル》9日夜よりテレビで大統領選や知事選の討論会 10月初旬まで6つの主要局で2018年8月10日 《ブラジル》9日夜よりテレビで大統領選や知事選の討論会 10月初旬まで6つの主要局で  9日より、10月の大統領選と州知事選の行方を占う、候補者のテレビ討論会がはじまる。さらに、10月7日の投票日までの各局の放送予定日も発表されている。  討論会は2種類ある。ひとつは大統領候補が集まって行うもので、もうひとつは州知事候補が集まるものだ。知事選に関しては、放送先 […]
  • 鬼木専門学校格安治療の日2003年6月10日 鬼木専門学校格安治療の日 6月10日(火)  ブラジル鬼木東洋医学専門学校(ヴィラ・ギリェルミーナ区アストルガ街一〇一九)は十四日午前八時半から午後三時まで、第二十一回格安治療の日(AMO)を同校で開く。 […]
  • 今週末の催し2004年5月28日 今週末の催し 5月28日(金) 土曜日 レジストロ日本週間、二十九日午前九時~午後十時、文協会館。      □  申年生まれ親睦会、二十九日正午、万里食堂(ガ・ブエノ街二〇五)      □ […]
  • 県連故郷巡り=アララクアラ、ノロエステ巡訪=(11)=ダムで一部沈んだP・バレット=水力発電所建設の功罪(上)2018年11月2日 県連故郷巡り=アララクアラ、ノロエステ巡訪=(11)=ダムで一部沈んだP・バレット=水力発電所建設の功罪(上)  故郷巡りでは、水力発電所建設で湖面が広がり、観光地として栄えるサンタフェ・ド・スールとイーリャ・ソウテイラを訪れた。だが、その一方で市面積の相当の部分が水没し、今日に禍根を残している町もある。  それがペレイラ・バレットだ。同市は、ブラジル拓殖組合が1928年に開設 […]