ホーム | 日系社会ニュース | コチア市=茶室がほぼ全焼、放火か?=「再建するか分からない」

コチア市=茶室がほぼ全焼、放火か?=「再建するか分からない」

ニッケイ新聞 2013年2月5日付け

 サンパウロ州コチア市のラポース・タヴァレス街道沿いにある日本庭園内茶室(カーザ・デ・シャー)が先月18日午後5時55分頃火災に遭い、柱と屋根を残し全焼した。出火原因はまだ特定されていない。
 同公園は同市と高知県いの町の友好都市提携を記念して移民80周年(1988年)に開設された。同市が管理運営を行うが所有権はサンパウロ州にある。毎年9月にあるコチア産組創立者・下元健吉や元コチア組合関係先没者の慰霊ミサの後に、同公園を訪れて下元胸像などに献花していた。地元市民にとっても憩の場となっていた。
 火災直後に現場に駆けつけたコチア青年連絡協議会の村田重幸副会長によれば「茶室は普段火の気がなく火災は初めて」という。木造のためにすぐに延焼したが、付近に設置されていた胸像類や記念碑などは無事だった。村田副会長は「この時間なら人はおり、警備も24時間常駐している。皆『誰かが火をつけたかな』と言っている」と放火の可能性が高いとみている。
 同街道両脇は5〜6年前から再拡張工事が進められていたが、同公園の存在がその妨げになっていたため、今回の事件とその関係を疑う人もいるようだ。ただし、「公園移転の件は市議会で何度も議題に上がっているが、コチア青年や高知県人会は直接移転を要求されたことはない。我々が拒否しても影響力はない」ため関係は不明とのこと。村田副会長は「公園移転の話がはっきりするまでは、再建できるかどうかは分からない」と話している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「日系組合、ぜひ永続を!」=全中の萬歳顧問が初来伯=コチア青年ら農家に檄とばす2017年3月9日 「日系組合、ぜひ永続を!」=全中の萬歳顧問が初来伯=コチア青年ら農家に檄とばす  日本の農業組合を束ねる独立的な総合指導機関「全国農業共同組合中央会」(以後、JA全中)の萬歳章顧問(71、新潟県)が4日朝、サンパウロ市に到着した。午前11時からさっそく、ブラジル新潟県人会(南雲良治会長)とコチア青年連絡協議会(前田進会長)が共催する歓迎会に出席し、40 […]
  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • コチア青年移住60周年=総理、外相、農相から祝辞=編纂中の記念誌に掲載へ2015年9月29日 コチア青年移住60周年=総理、外相、農相から祝辞=編纂中の記念誌に掲載へ  編纂中のコチア青年移住60周年記念誌に対し、安倍晋三内閣総理大臣、岸田文雄 外務大臣、林芳正農林水産大臣から祝辞が寄せられた。60周年記念特集に際して、コチア青年の存在がいかに広く認識され、祝われているかを示す証左としてこれを掲載する。未来へ継承される不屈の精神―共に歩む―安 […]
  • 思い出=リベイロン・プレット 大河政義2015年8月4日 思い出=リベイロン・プレット 大河政義  1960年3月13日サントス着の『ブラジル丸』で移住してきた人達が、去る3月13日金曜日にサンパウロの群馬県人会に集い、午前10時から午後3時まで、55年間の歩みを回顧しながら大いに食べ飲みしながら楽しいひと時を過した。今度の集まりにも、コチア青年移民の人達が6名と多く、 […]
  • 当日に投票する会員ら2015年3月31日 文協総会=選挙権持つ評議員決まる=有効票399、大幅減=新役員は4月25日発足  ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)の第55回定期総会が30日午前、文協ビル2階の貴賓室で行なわれた。立候補82人から正規50、補充25の評議員75人が決定。特に顔ぶれは変わらず、対抗シャッパが出た場合でも、現体制派が支持する呉屋春美氏(現・第一副会長)の新会長就任 […]