ホーム | 日系社会ニュース | 外務省=在外ブラジル人との連係は中座?=2年休止の世界ブラジル人会議=在外代表者審議会も頓挫=ソアレス局長「再開する」

外務省=在外ブラジル人との連係は中座?=2年休止の世界ブラジル人会議=在外代表者審議会も頓挫=ソアレス局長「再開する」

ニッケイ新聞 2013年2月8日

 デカセギを含む世界の在外ブラジル人とブラジル政府との公式な直接交渉ルートを作るために、ルーラ大統領(当時)の肝いりで始まった「世界ブラジル人会議」は08年から3年間実施した後は休止され、在外ブラジル代表者審議会(CRBE)は昨年後半に新委員選出が行われるはずだったが、今も目処が立っていない。その状況の中で国外就労者情報援護センター(CIATE)、文協、帰伯労働者情報支援センター(NIATRE)が主催して2日午後に文協小講堂で、同審議会を統括する外務省在外ブラジル人コミュニティ担当のイザベラ・メデイロ・ソアレス局長と、在外ブラジル人代表者審議会の篠田カルロス元委員長の講演が行われた。

 「世界ブラジル人会議」は08年から開始され、在外コミュニティ代表がリオに集まって会議を行い、各国の問題を直接に政府に伝えた。大会の中で常設機関として在外ブラジル人代表者審議会の設置が提案され、10年12月に同評議会が実際に活動を始めた。世界を4地域に分けて16人の正規委員と同数の代理委員という代表者を10年末に選挙で選んだ。昨年後半に第2回選挙があるはずだった。
 篠田さんは任期中、初代委員長としてに役割を果たそうと努力したが、世界ブラジル人会議に参加する旅費以外はすべて自腹だった。「世界のブラジル人の現状を見て回ったが、現地で旅費をカンパしてもらうなど満足な活動が展開できなかった。多くの犠牲を払わなくては進めない茨の道だった」と報告した。
 仏領ギアナ在住者の大半はガリンペイロで不法滞在問題、パラグアイでは付近の農場主が多いため土地所有権問題、アンゴラにいる20万人は治安問題、中東在住者は宗教問題が中心で、日本のデカセギとは問題の質が異なり、「現在の審議会のやり方で意見を吸い上げ集約することは不可能」と現状を述べた。昨年11月にはなんとかまとめた10項目の重点課題を同局に提出した。
 当日は「世界ブラジル人会議は止めたのか?」「在外ブラジル人代表者審議会はどうするのか」との会場からの質問を受け、ソアレス局長は「けっして世界会議は頓挫した訳ではない。11年も開催準備が進められていたが、予算の問題で突然中止に追い込まれた。今年10月開催に向けて準備中」と説明した。同審議会に関しても「委員の選出方法の変更など課題を洗い出して運営方法を検討中。いずれ再開される」と公言した。
 危機以前には312万人もいた在外ブラジル人だが現在は252万人に減少。それでもアクレ州(62万人)など数州よりかに多く、日本の20万人も含め在外ブラジル人にも国内同様の権利を保証することは大きな課題だ。
 篠田元委員長は「イタマラチーは6月頃まで審議会の新しい運営方法を検討し、その後、代表者選出が行われる予定だと聞いている。もう少し忍耐が必要だ」とのべた。当日は40人程度しか来場者が来なかった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか2010年6月26日 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか ニッケイ新聞 2010年6月26日付け  「ブラジル人はW杯の時だけ愛国者だが、ドイツ人はサッカーでしか愛国心を公にできない」という有名な言葉がある。これはサッカーとナショナリズム(国粋主義)の緊密な関係を端的に示した言葉だ。その意味で、日本の日本人はドイツ人に近いが、日 […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • コロニア10大ニュース2004年12月28日 コロニア10大ニュース 12月28日(火)  記憶に残る首相伯=日伯センター建設問題も ニッケイ新聞社は年末恒例のコロニア十大ニュースを選んだ。一年間様々な出来事を取材し続けた編集部が、コロニアにまつわるニュースから選び出した。やはり、八年ぶりにブラジルを訪れ、コロニアとも積極的に交流を持 […]
  • デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も2019年9月27日 デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も  「こんなことをしてくれる会社は、他に聞いたことないね」――「グルメデリカ」(本社=埼玉県所沢市)に派遣されている日系人労働者の留守家族を集めた22回目の南米懇親会が21日夜、サンパウロ市のニッケイパラセ・ホテルで開催され、そんな感想があちこちで聞かれた。グルメデリカ社 […]
  • 《ブラジル》「国の発展に役立つ人材育成を」=第62回パウリスタ・スポーツ賞=25人が晴れやかに受賞2018年4月6日 《ブラジル》「国の発展に役立つ人材育成を」=第62回パウリスタ・スポーツ賞=25人が晴れやかに受賞  ニッケイ新聞主催の『第62回パウリスタ・スポーツ賞』の贈呈式が4日、サンパウロ市議会の貴賓室で行われた。全19種目、特別賞8人を含む25氏に記念プレートとニッケイ新聞発刊の書籍が授与された。会場には過去最多の約500人もの来場者が集まり、盛大に式典が執り行われた。特別 […]