ホーム | 日系社会ニュース | キッコーマン=昨年は売り上げが倍増!=森代表「ネット販売で拡大」

キッコーマン=昨年は売り上げが倍増!=森代表「ネット販売で拡大」

ニッケイ新聞 2013年2月23日

 醤油等の調味料を製造販売するキッコーマン株式会社・ブラジル駐在員事務所の森和哉代表が18日、昨年の活動報告や新イベントの案内のため本紙を訪れた。
 森さんは今年で駐在6年目。ブラジル内における販売拡大に取り組むと共に、「様々な料理に合うことを伝えたい」と醤油を使った試食会や食育事業、日本への食文化視察旅行などを行ってきた。
 当地で販売されるのは7種で、昨年の売り上げは前年比の倍だという。
 森さんは「テスト販売していたミナス州ベロオリゾンテ市でも、普通のスーパーでよく売れるようになってきた」と喜び、「今年はネットマーケティングに力を入れていきたい」と他州での販売拡大も見込む。
 また3月11日夜は、同社商品の愛好者やオピニオン・リーダー、メディア関係者ら120人までを招待し、サンパウロ市ヴィラ・オリンピア区のイベント会場で試食会を開く。
 醤油の品質と、用途の多様性を再認識してもらうことが目的。有名シェフ4人による東洋・融合型・ブラジル・デザート4種の料理試食のほか、余興や抽選会がある。
 一般参加は受け付けていないが、2月末までにフェイスブックのページ(www.facebook.com/kikkomanbrasil)のファンになれば、抽選で招待券が当たるという。

image_print

こちらの記事もどうぞ