ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年2月23日

 日本の農業は苦しい。農村には高齢者ばかりが目立ち、農業就労者の平均年齢が65歳、35歳未満は僅かに5%。日本の人口の3%にも満たない260万人のお百姓さんが額に汗し野菜やコメを作っているが、それでも食料自給率は40%であり、葱やほうれん草も輸入し、牛や豚も鶏の肉までを外国から買っている。そして—コメも800%の関税で保護され世界一高い「ご飯」を食べている▼これに加えて農家1戸当たりの農地は1・2ヘクタールと狭い。これは豪州の1862分の1、米の99分の1だそうだから—どんなに知略を絞り機略をはかろうとも、とてもの程に勝ち目はない。しかも、日本のGDPに占める農業の割合は、驚くなかれ1%と低い。と、寂しくも悲しい話ばかりが次々と飛び出してくるが、それでも、日本の政府は「農業を守れ」の合言葉で保護政策を実施してきた▼だが—どんなに保護を強化しても、農業の現実を直視すれば、GHQ(連合国軍総司令部)の「農地改革」と同じような革新的な政策がなければ、国際的な競争には勝てない。先の産業競争力会議で安倍首相は「大胆な農業対策を」と語り、民間委員の竹中平蔵慶応大教授は「農業へ企業参加を認めよ」と表明し活発な議論となったようだ▼中でも、これも民間委員から10年から15年後には、農家の平均耕作面積を「本州で50ヘクタール、北海道は100ヘクタールにすべきだ」と提唱している。この耕地面積の拡大こそが、日本農業の将来を決するし、今、話題になっているTPP(還太平洋経済連携)も決して恐れる必要はなく怖くもない。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2013年11月30日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年11月20日  「五輪はリセット(やり直し)する良い機会」。竹中平蔵元蔵相の先週の講演で、そんな言葉に考えさせられた。竹中氏は2020年の東京五輪に向けて羽田空港にもっと国際線を乗入れるなどの国内改革や規制緩和をする理由にできるとの意味で、前掲の言葉を出 […]
  • SBPN=「五輪はアベノミクスに追い風」=竹中平蔵 日本経済を解説=2020年に向け景気回復するか2013年11月30日 SBPN=「五輪はアベノミクスに追い風」=竹中平蔵 日本経済を解説=2020年に向け景気回復するか ニッケイ新聞 2013年11月28日  サンパウロ市の文協ビル大講堂で11日、日本の元総務大臣で慶應義塾大学教授などを務める経済学者の竹中平蔵氏が「2020年東京オリンピックを見据えた日本経済の成長の行方と挑戦」をテーマに講演を行った。ブラジル日本研究者協会(SBPN、宮城パウ […]
  • 大耳小耳2013年11月30日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年11月28日  大竹富江さんの取材で聞こえてくるのは、ほぼ賞賛ばかりだったが、中にはこんな風に語る人もいた。「インスティチュートができてから、とくに名前が大きくなったイメージがある。インスティチュートも日系画家の展覧会をしてくれればいいけど、ほとんどブラ […]
  • 新藤義孝総務相が来伯へ=目的は地デジの海外展開=ブラジルとの提携強化に向け2013年7月31日 新藤義孝総務相が来伯へ=目的は地デジの海外展開=ブラジルとの提携強化に向け ニッケイ新聞 2013年7月20日  新藤義孝総務大臣が26日頃に来伯する予定を調整中であることが分かった。同大臣が16日に行った記者会見の記録(総務省サイト)によれば、目的は地上デジタルテレビ放送(以下、地デジ)の海外展開に関する担当大臣との会談だ。 […]
  • 「進出に長期的視野必要」=竹中元総務大臣が交流会で2012年12月20日 「進出に長期的視野必要」=竹中元総務大臣が交流会で ニッケイ新聞 2012年12月20日付け […]