ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年2月27日

 11月にリオで開催される青年会議所の世界会議には、日本から約千人が参加予定。国際青年会議所の児玉事務局長は「各県人会にとって、青年同士の交流を深める機会になれば」と張り切っているが、園田昭憲・県連会長は「向こうから要請があれば応じる」とあまり乗り気でない様子。日伯交流の強化を願う各県人会にとってはまさに好機なのでは? イニシアティブを取って交流の機会にしてもらいたいものだが。
     ◎
 22日付本紙7面で、文協評議員への立候補者は79人とお伝えしたが、中島エドアルド事務局長の連絡で78人と判明。現評議員を務める花城アナクレット氏が、何故か立候補していたからだ。花城氏は任期が2015年までなので辞退したとか。すでに評議員であることを忘れていたのか、立候補するのがそれほどお好きなのか。それを認めた選挙管理委員会もお粗末。
     ◎
 東洋街だけに、弊紙近くのブラジル人経営レストラン(名前はイタリア料理店風)のメニューには変わったピザが並んでいる。「Seoul」(ソウル)はキムチ、カルビ、プルゴギが載ったピザだし、「Pequim」(北京)、「Hong Kong」(香港)もある。〃日系〃としては「Liberdade」(エビ、サーモン等)の他に「Kani」「Shimeji」「Shitake」もあり、明らかに種類は豊富だが、なぜか「Tokyo」はない。もしかして、リベルダーデがその代わりか。「ピザはイタリア風じゃないのか」と経営者に訊くと、「これはブラジル風だ」との回答。確かに本場イタリアにはないだろう。Restaurante Mama Sissi(グロリア街224番)。昼はポルキロ、ピザは夜のみ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 「小野田さんの大和魂学んで」=伝記出版祝賀会で呼びかけ2016年12月7日 「小野田さんの大和魂学んで」=伝記出版祝賀会で呼びかけ  〝伝説の日本兵〟小野田寛郎さんのポ語伝記がブラジル陸軍から出版されたことを記念して、ブラジル陸軍南東部(マウロ・セザル・ロレナ・シジ総司令官)、リベルダーデ友好会(平崎靖之会長)、和歌山県人会(谷口ジョゼ会長)は11月18日、サンパウロ市のニッケイパレスホテルで祝賀会を行 […]
  • 最後の日本兵 小野田さん=伝記がブラジル陸軍から出版2016年11月11日 最後の日本兵 小野田さん=伝記がブラジル陸軍から出版  終戦を信じず、戦後30年近くフィリピン・ルパング島に潜み闘い続けた元帝国陸軍少尉、故小野田寛郎さん(和歌山出身)のポルトガル語伝記『セン・レンジソン(降伏せず)』がブラジル陸軍から発刊される。刊行発表会が18日午後7時からニッケイパラセホテル(Rua Galvao […]
  • ■今週末の催し2013年2月21日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2013年2月21日  土曜日(23日)  ヤクルト杯少年野球大会、午前8時、イビウーナ球場(Rodovia Bunjiro Nakano, km 58,5, Ibiuna)、日曜日も      ◎ […]
  • 東洋街が文化的保護地区に?=サンパウロ市の審議会で検討中2012年10月4日 東洋街が文化的保護地区に?=サンパウロ市の審議会で検討中 ニッケイ新聞 2012年10月4日付け […]