ホーム | 日系社会ニュース | グァタパラで強盗事件多発=1カ月内で5件も発生=警察ヘリ出動、銃撃戦も=恐怖におののくコロニア

グァタパラで強盗事件多発=1カ月内で5件も発生=警察ヘリ出動、銃撃戦も=恐怖におののくコロニア

ニッケイ新聞 2013年3月13日

 サンパウロ州グァタパラ移住地で集団強盗が横行し、昨月中旬から今月にかけて5件発生している。同移住地の治安部(中塚広行部長)は緊急回覧を配布し、住民らに不審な人物や車を見たら、連絡するよう警戒を呼びかけている。同地文協の茂木常男会長(66、山形)は「日系人だけが狙われているわけではないが、(1962年の初入植以来)こんなに強盗が多発するのは初めて」と驚きを隠さない。移住地内は戦々恐々とした雰囲気に包まれているという。

 先月15日夜10時ごろ、Kさん宅に4人組の強盗が侵入、妻と娘をトイレに閉じ込め、約2時間物色し、家財道具、電化製品、アクセサリーなど(5千レアル相当)を持ち去った。強盗らは帰宅したKさんにピストルを突きつけ、財布、携帯電話を奪い逃走した。
 数日後には、グァタパラ市の日系人が経営するロッテリカに3人組が押し入り、金品を強奪。日系家庭が多い移住地内に逃げ込んだ強盗を追うヘリが上空を旋回、パトカーとのあいだで銃撃戦となり、騒然とした空気に包まれたという。2人は逮捕されたが、残り1人は逃亡中だ。
 今月8日夕刻には文協近くの日本人宅に「車が故障したのでラジエーター用の水がほしい」と男が助けを求め、家人が玄関を開けると強盗に早変わり。車2台に略奪品を積んで逃走。このうち一台は近郊のセルトンジーニョで発見されている。グァタパラ市の郵便局、電気屋も軒並みに襲われており、住民らは打つ手もなく、不安におびえているようだ。
 養鶏業を営むYさんは「夜に番犬が鳴いただけで(強盗じゃないかと思い)怖い」と眉をひそめる。
 茂木会長によれば、警察にもパトロール強化を要請したものの、同市には2、3人しか警察官が駐在しておらず「体制上、難しい」との回答だったという。強盗による怪我人などは出ていないようだが、移住地に平穏な生活が戻るのは、いつの日か。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 国際ロータリー=田中理事長が東洋街訪問2013年2月27日 国際ロータリー=田中理事長が東洋街訪問 ニッケイ新聞 2013年2月27日  今月23日にサンカエターノ・ド・スールで開かれたフォーラムに出席するため来伯した「国際ロータリー」の田中作次理事長が22日夕刻、サンパウロ市リベルダーデ区を訪問した。 […]