ホーム | 日系社会ニュース | サンミゲル民謡大会=80人がはりきり喉自慢=東北民謡メドレーも人気

サンミゲル民謡大会=80人がはりきり喉自慢=東北民謡メドレーも人気

ニッケイ新聞 2013年3月26日

 サンミゲル日系文化体育協会と同文協民謡部共催による「第19回サンミゲル民謡愛好者大会」が、17日に同会館で開催された。羽藤ジョージ聖州議、関谷ロベルト、宮原ジョルジ両下議補佐官ら来賓も訪れ、約80人が参加し賑わった。
 今年の開幕演奏は天竜太鼓の和太鼓と、例年の「花笠音頭」に「ソーラン節」「生保内節」など7曲を加えた東北民謡唄メドレー。盛り上がる会場の中、美甘好重・文協会長が挨拶を行い、一般、優勝者、子ども、名人のカテゴリーに別れ自慢の喉を競い合った。
 レジストロ大和会や石川諭(江差追分ブラジル支部長)、海藤司さん(海藤三味線教室代表)も特別出演し舞台に華を添えた。
 昼はプロの料理より美味しい」と好評の婦人会手製のブッフェや、松浦アントニオ同文協渉外担当の自家製カイピリーニャに舌鼓を打ち、親睦のひと時を過ごした。
 午後はミニカラオケ大会の後、表彰式が行われた。入賞者らは満面の笑みで記念品を受け取り、「また来年の大会が楽しみ」と言いながら会場を後にした。
 大会結果は次の通り(敬称略)。
【一般の部】▼A80歳以上=田中キヨ、松浦アントニオ▼B72〜79歳=福留姜子、直井幸子、有熊茂▼C60〜71歳=小渕民雄、小松久仁子【子どもの部】▼A9〜12歳=知念カリーネ、近藤かおり▼B12〜14歳=山田アカネ、長田ナンシー【優勝者の部】▼A85歳以上=伊津野敬嗣、上村(飛び入りのため名前不詳)▼B80〜84歳=市来輝子、森重キク▼C77〜79歳=会田郁子、藤原より子▼D72〜76歳=依田茂子、山本敦▼E71歳以下=塩野彰、川岸貴美子【名人の部】海藤昌子。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 3月の水曜シネマ2013年2月28日 3月の水曜シネマ ニッケイ新聞 2013年2月28日  文協水曜シネマの3月の上映日程が決まった。会場は6日が大講堂、それ以外は小講堂で、いずれも午後1時から。 […]