ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年4月2日

 聖週間も終わったが、〃洗足の木曜日〃だった28日、フランシスコ新法王が様々な国籍の受刑者達とミサを行った様子が各紙サイトやTVで流れた。新法王がアルゼンチンはブエノスアイレスの大司教だった時の習慣をバチカンに持ち込んだ瞬間だ▼イエス・キリストが十字架にかかる前夜に弟子達の足を洗った事を記念するのが〃洗足の木曜日〃で、今年のミサはバチカンの聖堂やローマ市内の寺院ではなく、受刑者という予告報道を見た時も驚いたが、受刑者の足を洗い、その足に口付けする法王の姿には、正直、頭を殴られた気がした▼法王に選出以来、ミサで使う金の飾りを止め、法王用の漁師の指輪も銀製、革靴も赤ではなく枢機卿時代と同じ黒靴、専用車は防弾ガラスなしなど、様々な驚きの報道が続いていただけに当然といえば当然かも知れない。だが、大きくもない権力や権威を振り回したがる人が巷に溢れる中、カトリック信者18億人の頂上に立つ人が受刑者の足を洗い、その足に口付けする姿は少なからずショックだった▼「最も高い地位にいる者は他の人々に仕えるべき」との言葉は、「言うは易く行うは難し」の一例で、それを奇をてらうことなく実行できる人は本当に謙遜な人だ▼他人を指差せば、親指と人差し指以外の3本は自分の方を差しており、批判の言葉が自分に帰ってくるものだが、政界騒動などを見ていると、法王のつめの垢を飲ませたいと思う人がいかに多いか。褒める事に徹しようと思っていたのに、物事を斜めに見る癖がやっぱり出てきた。「自分の事を棚に上げて」と言われないうちに、筆を置いた方が身のためか。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨2017年5月23日 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨  5月に入って気候も良くなり、経済の面でも明るさが見えて来た。何ともパッとしないブラジルもこれで良い方に進むのかと期待していたら、おっとどっこい、行政の中心部に爆弾炸裂です。それで先週後半から大統領府の業務はストップ、政界の偉い先生方も右に走り左にあたりで、大混乱となっ […]
  • むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動2019年11月8日 むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動  「ボウソナロ政権は、むしろチリのような民衆暴動が起こってほしいのか」。ここ2週間くらい、同政権からは耳を疑うような言動が連発で、そう首を傾げざるを得ない▼その突破口を切ったのは大統領三男のエドゥアルド氏、そしてアウグスト・エレーノ大統領府安全保障室(GSI)長官の「チ […]
  • チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか?2019年11月5日 チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか? ▼「AI5もありえる」という暴言の背景  10月31日、ボウロナロ大統領の息子エドワルド連邦下議は、居丈高に「もしもチリで起きているようなことがブラジルで起き、飛行機のハイジャックや要人の誘拐にまで発展するようなら、現代版のAI5(軍政令)を作って対応する […]
  • どこも異常な現在の南米2019年10月11日 どこも異常な現在の南米  5年以上続いている政治的混迷がボウソナロ政権以降にますます深みにはまっている伯国。だが、現在の南米を見ていると、おかしいのはこの国だけでないことがすぐわかる▼それはもちろん、マドゥーロ極左政権の暴走で国際的な孤立状態になって久しいベネズエラや、実業家出身の保守派大統領 […]
  • ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か2019年9月27日 ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か  24日の国連総会での演説を、ほぼ「極右大統領としてのプロパガンダ」に終始したボウソナロ大統領。国際舞台が期待していた「アマゾン森林保護対策」に関しては欧米諸国の期待に応えるどころか神経を逆なでしていたようにも見えた。だが「自分の政治ポリシーのアピールの場」にすることし […]