ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年4月4日

 舞台裏を明かすようだが、小欄のネタに詰まったとき、掲載日に何か起こったのかを調べることがある。本日4月4日には、連合艦隊司令長官の山本五十六(1884年)が、その翌年、小説家中里介山が生まれていることを知ったりする。ただホホウと思うだけで、検索自体に時間を費やすだけだ。浅学菲才の身では、コラム一本を書けるヒントにあたることも少ない▼ということで何かの記念日に制定されているのかに関心は移る。今日は「あんぱんの日」であるらしい。1875年に木村屋に立ち寄られた明治天皇に献上されたのが由来。さらに「どらやきの日」でもあるとか。桃と端午の節句に〃はさまれた〃日であるからだという。土用の丑の日のように人口に膾炙しているわけではないが、それぞれの業界が思案した経緯を想像すると楽しい▼節句にはさまれた、ということでいえば「おかまの日」であり「トランスジェンダーの日」でもあるようで、後者は性同一障害の団体が制定したとか。法令で決めたわけではなく、誤解を恐れずにいえば「言ったもん勝ち」の世界だろう。しかし、次の記念日はブラジル政府の官報(2012年5月10日公布)で発表された公式なものだ。「毎月5月の第2土曜日を、お釈迦様の誕生日に制定」—▼実際の誕生日は4月8日。仏連がリベルダーデ広場で実施する「花祭り」はもちろん8日から始まる。「独立わずか200年のカトリックの国が、2500年前に亡くなられたお釈迦様の誕生日を勝手に5月に…」という疑問には慈悲の甘茶をかけて、ブラジルならではの大らかさとともに、制定を喜びたい。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「ボウソナロ一家の見込み違い」とは?2019年10月18日 「ボウソナロ一家の見込み違い」とは?  ボウソナロ大統領、および、彼の息子たちの一族に一時期ほどの勢いがなくなっている。それは世論調査で、ボウソナロン政権の治世への支持率で否定的なものが肯定的なそれを上回り始めていることでも明らか。さらに、先週から勃発した「社会自由党(PSL)離党問題」でそのイメージはなお […]
  • ガンの治療に新たな道2019年10月17日 ガンの治療に新たな道  末期リンパ腫で痛み止めのモルヒネを毎日、上限量まで使い、体重が激減して、自分では歩けなかった患者がある日、痛みが消え、歩けるようになった▼先週からこんな風に話題となっているのは、サンパウロ州リベイロン・プレットのサンパウロ総合大学血液センターでラ米初のCAR―T細胞療法を受け […]
  • 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?2019年10月15日 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?  「どうしてブラジルからは、彼女のように祖国で注目される作家が生まれなかったのか?」――10日晩、サンパウロ文化センターで行われた多和田葉子(59、ドイツ・ベルリン在住)の公開対談を聞きながら、海外在住者が持つ「外からの視点」という共通点を強く感じ、そう残念に思った。 […]
  • どこも異常な現在の南米2019年10月11日 どこも異常な現在の南米  5年以上続いている政治的混迷がボウソナロ政権以降にますます深みにはまっている伯国。だが、現在の南米を見ていると、おかしいのはこの国だけでないことがすぐわかる▼それはもちろん、マドゥーロ極左政権の暴走で国際的な孤立状態になって久しいベネズエラや、実業家出身の保守派大統領 […]