ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年4月5日

 「彼はこの仕事初めてなので、イジメないでくださいね」。県連ふるさと巡りを実施する某旅行社のベテラン社員が出発直前、4号車の添乗員となった31歳の自信なさげな新人社員を指差してそう言ったのを聞き、一行に不安がよぎった▼2日目の晩、イタジャイー日伯協会との交流会は夜6時半の予定だったが、一行がホテルに到着して荷物を下ろしたのは、もう7時だった。一部参加者は「荷物だけ下ろしてロビーに7時半に再集合」と申し合わせたが、集まったのは半分…▼ある参加者は「すぐに降りるように声を掛けましょう」と自主的に客室を回り始めたが、すぐに「あの部屋の人は『添乗員から8時でいいって言われた』っていうのよ」と怒り心頭の様子で降りてきた。その矛先はついに本人に向かい、「添乗員の仕事はそんな甘いもんじゃない! 遅れたら現地文協の婦人部が困るでしょう。その時間に合わせて朝から料理しているかも。ホテルに寄らず、まっすぐ会館に行ったら良かった。そういう判断をするのが添乗員の役目でしょう」と説教を始めた▼添乗員は再集合した参加者に素直に謝った。彼は翌日から次の行動を先回りして連絡するようになり、下手くそな日本語で冗談まで言うようになった。聞けば、彼は10年間も三重県伊賀市でデカセギし、08年の金融危機で失業して帰伯したばかり。旅行社で働き始めたのが一カ月前とか▼最終日に東洋街に帰着する直前、彼はマイクを握り、軽妙な調子で「みなさんからイジメられて勉強になりました」と語って一行の爆笑を誘い、大きな拍手を受けた。大量帰伯者の一人がコロニアの洗礼を受け、一皮むけた瞬間だった。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?2019年10月15日 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?  「どうしてブラジルからは、彼女のように祖国で注目される作家が生まれなかったのか?」――10日晩、サンパウロ文化センターで行われた多和田葉子(59、ドイツ・ベルリン在住)の公開対談を聞きながら、海外在住者が持つ「外からの視点」という共通点を強く感じ、そう残念に思った。 […]
  • 移民の経験を評価し直すありがたい国際学会2019年9月10日 移民の経験を評価し直すありがたい国際学会  「日系人にとって郷土料理とは何か」、「日系人にとって郷土とは何か」、「現在日本における『日本文化?』の流動性」、「言葉とアイデンティティの関係を過度に重視する問題」――などなど、気になるキーワードがたくさん専門家から語られた興味深い国際学会が4~6日に、聖市のジャパン […]
  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、聖市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)2019年8月6日 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)  「鐘が鳴ります 耕地の鐘が ほのぼの明けた 空に鳴る」―ブラジル熟年クラブ連合会(上野美佐雄会長)の『第43回熟年クラブ芸能祭』が7月28日にサンパウロ市の静岡県人会館で開催され、数十年ぶりに合唱曲「幸せがいっぱい」(会田尚一作詩)が披露された。  それを聞いた、夫の仕 […]