ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年4月9日

 県連ふるさと巡りに関して伊東信比古さんによれば「88年に移民80周年で始まり、02年から年2回になって今回39回目。100人平均なら延べ4千人近くが参加している」という。同じ参加者も多いが、かなり入れ替わった。以前は戦前移民もかなりいたが、今では二世高齢者が徐々に増えており、まさに〃ふるさと〃は伯国となっているとか。
                        ◎
 日本の「すき家」で5月下旬まで「やきそば牛丼」が販売される。牛丼用に開発されたソースが丼全体に染み渡り、濃厚な味が楽しめるとか。すでに「てんぷら牛丼」があり、やきそばが大人気のブラジルでも受けそうだが、当地のあんかけ風やきそばだと、さてどうなるか…。
                        ◎
 「リベルダーデの古い住民」と自称する池崎博文氏は「子供や皆にも反対されたけど、チャイナタウンになったら、私はもうここにはいられない。中国人が嫌いなわけではない。彼らは商売上手で勢いがある。根性がないのは日本人のほう。どうしてお父さんたちが作った街を守れないのか。情けない」と語る。買収金額は明かさなかったが、ホテル前のガレリアをすでに買収しているラオ氏からの提示金額は、かなりのものだったのでは。売り手も買い手もコロニア人の面目躍如といったところか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2016年4月28日 大耳小耳  県連の2015年事業報告書が完成した。1頁目には「県別移民者数」が掲載され、地震を被災して大変なことになっている熊本県を見てみると堂々の第1位、2万3575人が移住している。2位の沖縄県は2万0449人、3位の福岡県は1万9509人となっており、ダントツの多さを誇る。熊本県出 […]
  • 大耳小耳2016年12月14日 大耳小耳  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長が、先月末交通事故に合い現在自宅で療養中という。なんでもマイリポランの別荘からの帰り、車が横転し腰を痛めたとか。そのため、東洋街で先日開催された東洋祭りでは、48年の歴史のなかで唯一欠席した。ブラジル人政治家からも「リベルダー […]
  • 大耳小耳2009年1月30日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2009年1月30日付け […]
  • 大耳小耳2011年9月2日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2011年9月2日付け  CIATE合同研修会の最後に、9歳で訪日して以来約15年間、岐阜県大垣市で暮らすパメラ・ナガノさんが、日本の公立小中高校での経験を話した。彼女は三世の父、日系の母を持つ。現在は名古屋のブラジル人向けパソコン教室で働き、日本語も教えて […]
  • 七夕祭り問題=本当の竹代はいくら?=中沢宮城会長「2万は大嘘だ!」2013年7月31日 七夕祭り問題=本当の竹代はいくら?=中沢宮城会長「2万は大嘘だ!」 ニッケイ新聞 2013年7月6日  【既報関連】七夕祭りに使用する竹の調達費の問題について、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL)〃関係者〃が「昨年までは竹代だけで2万レアル、七夕飾りも合わせれば6万あまりも請求された」と発言したことを本紙4日付『大耳小耳』欄に掲載した。その関係 […]