ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 東北伯に届かぬトウモロコシ=中国に輸出はできても=流通妨げる脆弱インフラ=IMFも輸送網不備指摘

こちらの記事もどうぞ

  • 聖州内陸部も水不足深刻=水運や工業、農業でも損失2014年8月14日 聖州内陸部も水不足深刻=水運や工業、農業でも損失  カンタレイラ水系やアルト・チエテ水系の水位低下が連日のように騒がれる聖州だが、水不足は内陸部でも水運、工業、農業などに深刻な影響を及ぼしていると13日付エスタード紙が報じた。 聖州北西部アラサツーバではチエテ-パラナ水路が干上がり、貨物船が今年上半期に扱った積荷の量は63 […]
  • 伯国農業の行く先は?=「一貫した政策のない国」=技術や生産性は向上したが2014年9月23日 伯国農業の行く先は?=「一貫した政策のない国」=技術や生産性は向上したが  エスタード紙が18日に、国内総生産(GDP)の22・8%を占め、貿易収支の赤字転落を防ぐだけではなく、世界の食糧庫としても重要な役割を果たしている伯国の農業に関するフォーラムを開催と22日付エスタード紙が報じた。 「米国西部の開拓者達は英雄扱いされるが、南大河州の農家がマ […]
  • 北部や中西部の地価上昇=新たな輸送ルート開発見込み2014年3月12日 北部や中西部の地価上昇=新たな輸送ルート開発見込み ニッケイ新聞 2014年3月12日  従来は農産物を収穫してもサントス港やパラナグア港に運ぶのが大変で地価が安かった北部や中西部の農地価格が、北部からの輸出を見込んで上昇中と10日付エスタード紙が報じた。  大豆生産全国一のマット・グロッソ州では、2千キロ以上離れたサントスや […]
  • 日本移民105周年に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 菊地 義治2013年6月29日 日本移民105周年に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 菊地 義治 ブラジル日本移民105周年 ニッケイ新聞 2013年6月15日  今を遡ること105年前の1908年(明治41年)6月18日、笠戸丸に乗った最初の日本移民781人がここブラジル国のサントス港に上陸して105年の歳月が流れました。そして、今や、ブラジル国に於ける日系社会は150万 […]
  • トウモロコシの輸出激減=対アルゼンチン貿易以上2014年3月25日 トウモロコシの輸出激減=対アルゼンチン貿易以上 ニッケイ新聞 2014年3月25日 1~2月のトウモロコシ輸出額は7億9100万ドルで、16億2010万ドルだった13年1~2月より8億2900万ドル激減し、1~2月の貿易収支の赤字額、61億ドルを上回った。 最近のブラジルの貿易収支では対アルゼンチン貿易の不振が大きく取り上 […]