ホーム | 日系社会ニュース | 琉球民謡大会=今年は85人が出場!=21日

琉球民謡大会=今年は85人が出場!=21日

ニッケイ新聞 2013年4月18日

 琉球民謡保存会ブラジル支部(米須正支部長)主催の『第19回民謡大会』が21日午後2時から、沖縄県人会館大サロン(Rua Dr.Tomas de Lima, 72, Liberdade)で開催される。入場無料。
 今年は85人が出場し、新人、優秀、最高、グランプリの各カテゴリーで日頃の練習成果を披露する。グランプリの優勝者は、沖縄で開催される「民謡の大会」にブラジル代表として出場する。一般、高齢者の部もある。
 案内に来社した米須支部長、山内盛一実行委員長、大城英健さんは「ぜひ多くの人に見に来てもらいたい。協和婦人会の沖縄そば、弁当、サーターアンダギーも美味しいですよ」と来場を呼びかけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 出場者募集中!=スピコン、弁論大会=締め切りは8月20日2012年6月22日 出場者募集中!=スピコン、弁論大会=締め切りは8月20日 ニッケイ新聞 2012年6月22日付け  ブラジル日本語センター(板垣勝秀理事長)とブラジル日本都道府県人会連合会(園田昭憲会長)は『第33回サンパウロスピーチコンテスト』並びに『第6回弁論大会』を9月23日正午から、広島県人会館(Rua […]
  • 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ2017年5月24日 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ  琉球民謡保存会ブラジル支部(城間伸明(のぶひろ)会長)は、『第10回琉球民謡の祭典』を28日午後13時から、同県人会会館(Rua Tomas de Lima, 72, […]
  • 郷土民謡が第30回大会=5日、日本から慶祝団4人2018年7月31日 郷土民謡が第30回大会=5日、日本から慶祝団4人  ブラジル郷土民謡協会(斉藤美恵会長)は第30回全伯大会を8月5日午前9時から、聖市の宮城県人会館で開催する。優勝者は10月に日本のさいたま市文化センターで開催される「日本郷土民謡民舞全国大会」にブラジル代表として派遣される。  当日は日本から慶祝使節団4人、椿真二( […]
  • 東京五輪でスポーツ交流=ブラジル選手受け入れ9件=遠野市などホストタウンに2017年12月20日 東京五輪でスポーツ交流=ブラジル選手受け入れ9件=遠野市などホストタウンに  2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、スポーツの活性化、グローバル化の推進、観光振興などを目的として、日本の地方自治体が海外選手団の誘致を進めている。岩手県遠野市、静岡県浜松市などがブラジルの選手団の「ホストタウン」(受入れする町)として登録され、スポー […]
  • 秋の叙勲=在聖管轄の6人に栄誉=晴れやかに伝達祝賀式=社会貢献の意欲あらたに2016年12月16日 秋の叙勲=在聖管轄の6人に栄誉=晴れやかに伝達祝賀式=社会貢献の意欲あらたに  日本政府による2016年度秋の叙勲の伝達祝賀式が14日午後、在聖総領事公邸で行なわれた。元文協会長の木多喜八郎氏(72、二世)=旭日小綬章=、柔道の元ブラジル代表監督の篠原正夫氏(92、同)=旭日単光賞=らが栄誉に浴し家族ら約50人と共に受章を祝った。 […]