ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■則近正義さん

■訃報■則近正義さん

ニッケイ新聞 2013年4月25日

 小説や短歌など多才なコロニア文芸人として知られる則近(のりちか)正義さんが24日早朝、入院先のモジ市立ガン病院で老衰のために亡くなった。享年91。葬儀は25日午前9時からモジ市セントロのサンサルバドール墓地で行われる。初七日法要は28日(日)にモジ本派本願寺(Rua Senador Dantas, 886)で午前10時からの予定。
 1922年2月に山口県山口市で生まれ、幼少期を台湾で過ごし、34年に両親に連れられてサントス丸で移住。最初はレジストロ植民地の第2部へ、ブラジル偉人の肖像画を多数描いて聖州最優秀生徒に選ばれる。
 中学からモジ市に移転して早稲田女学講義録で独学し、文芸活動を始めた。戦時中、官憲の眼を逃れて当時唯一の日本語歌誌『林泉』刊行に関わり、終戦後間もなく『椰子樹』、その後、詩文集『亜熱帯』編集にも携わった。詩で第1回横田恭平賞、小説ではパウリスタ新聞文学賞に2度も輝くなど、多才な文芸人として活躍した。
 養鶏や花卉栽培を本業とする一方で、モジ市文化センタ—会長、リオ・アシーマの農村電化組合理事長も務め、農村部の近代化にも貢献した。

image_print

こちらの記事もどうぞ