ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年4月25日

 今週末広島県人会である公演会『Extra-Ordinarios』。主催団体「ヌークレオ・ハナ」の関係者らは、日本人移民百周年では日本・日系人の「成功」史しか取り上げられなかったとして、今回の企画では歴史のB面(Lado B)に焦点を当てたとか。演じるのは物語の当人たち。一風変わった劇を鑑賞できそう。
     ◎
 ブラジル日本文化福祉協会でも通常会計は年間200万レ程度、通常の県人会なら10〜20万レであり、援協は日系団体の中では別格の予算規模を誇る。そんなマンモス団体の存続が危うくなるかも—との危機感は、総会ではあまり共有されていなかったよう。サンタクルス病院も公益団体登録を停止され、再審査を受けている。これは3年ごとに再承認を受ける必要があり、登録されても気を抜けない。いつの日か、友好病院がアインシュタインやシリオ・リバネースなどと並ぶ一流組織として知られる時が来るのだろうか。
    ◎
 2週間ほど前、来伯中だった国際日本研究センターの細川周平教授を連れて、水野昌之さんと大浦文雄さんがモジの則近正義さん宅を訪れた。「その時はとても元気そうでね。こんな話をしていたよ」と大浦さんは思い出す。則近さんは「僕が生まれた時、医者からこの子は身体が弱いから100日しかもたないと言われたそうだ」と前置きし、「それが91歳まで生きたんだから」と満足そうにしていたとか。代表作は小説『断絶』『戦友』など。合掌。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 文協が創立60周年の節目=サンパウロ市400年祭委員会を発端に=59の個人・団体の表彰も2015年12月30日 文協が創立60周年の節目=サンパウロ市400年祭委員会を発端に=59の個人・団体の表彰も  1955年の発足から60年―。ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)が創立日である17日、創立60周年を祝し文協ビルで記念式典を行なった。招待客ら600人以上が出席し、還暦の節目を祝った。 文協の前身は、54年に発足したサンパウロ市制400周年祭の日本人協力委員会。移民50 […]
  • 2008年11月1日 日系社会の支援に感謝=激戦のサンパウロ市議選で当選=羽藤、神谷両市議に聞く ニッケイ新聞 2008年11月1日付け  先月五日に投開票が行なわれた統一地方選。サンパウロ市議会選挙は四十五の議席に一千人以上の候補がひしめく激戦となった。日系人の候補も二十九人が〃乱立〃。結果、現職の野村アウレリオ市議(PV)が惜しくも落選し、前回の当選数四人から二人 […]
  • 新春編集部座談会=「ざっくばらんでいこう」=取材記者が大いに語る=百周年をぶった切る!2008年1月1日 新春編集部座談会=「ざっくばらんでいこう」=取材記者が大いに語る=百周年をぶった切る! ニッケイ新聞 2008年1月1日付け  ブラジル日本移民百周年、日伯交流年がついにスタートした。堀村隆彦前大使の言を借りれば〇六年は〃加速の年〃、西林万寿夫在聖総領事によれば昨年は〃仕上げの年〃だったのだが、現況はいかがなものか。本紙編集部はコロニア最大の関心事である百周 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]