ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年4月25日

 今週末広島県人会である公演会『Extra-Ordinarios』。主催団体「ヌークレオ・ハナ」の関係者らは、日本人移民百周年では日本・日系人の「成功」史しか取り上げられなかったとして、今回の企画では歴史のB面(Lado B)に焦点を当てたとか。演じるのは物語の当人たち。一風変わった劇を鑑賞できそう。
     ◎
 ブラジル日本文化福祉協会でも通常会計は年間200万レ程度、通常の県人会なら10〜20万レであり、援協は日系団体の中では別格の予算規模を誇る。そんなマンモス団体の存続が危うくなるかも—との危機感は、総会ではあまり共有されていなかったよう。サンタクルス病院も公益団体登録を停止され、再審査を受けている。これは3年ごとに再承認を受ける必要があり、登録されても気を抜けない。いつの日か、友好病院がアインシュタインやシリオ・リバネースなどと並ぶ一流組織として知られる時が来るのだろうか。
    ◎
 2週間ほど前、来伯中だった国際日本研究センターの細川周平教授を連れて、水野昌之さんと大浦文雄さんがモジの則近正義さん宅を訪れた。「その時はとても元気そうでね。こんな話をしていたよ」と大浦さんは思い出す。則近さんは「僕が生まれた時、医者からこの子は身体が弱いから100日しかもたないと言われたそうだ」と前置きし、「それが91歳まで生きたんだから」と満足そうにしていたとか。代表作は小説『断絶』『戦友』など。合掌。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2007年9月22日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年9月22日付け […]
  • 大耳小耳2010年1月6日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2010年1月6日付け  母県でブラジルをアピールした埼玉県人会。母県からブラジルへ芸能などが来る例はあるが、逆は珍しいのでは。準備の段階でも色々と工夫。県人会の紹介パンフは中国で印刷し輸送費を削減、イッペーの苗木は鹿児島県指宿市で育てられていたのを譲り受け […]
  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日の聖市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに参加し、 […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。聖州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦ながら菊 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]