ホーム | 日系社会ニュース | 「裁判官信じて見守る」=山岡夫妻コメント寄せる

「裁判官信じて見守る」=山岡夫妻コメント寄せる

ニッケイ新聞 2013年4月26日

 サンタカタリーナ州ジョインビレ市の地方裁判所で24日、藤本パトリシア被告の被告人尋問が行われたことに関し、被害者の山岡宏明・理恵夫妻は以下のようなコメントをEメールで本紙に寄せた。
 「私は40キロほどだったと思います。私たちの走行していた道路は割と狭い道で、50キロは絶対に出していません」と強調する。
 さらに「私たちの前に赤信号で止まっていた車の方が現場近くの会社の方でその方が証言してくれています。その方の車が青信号に変わり15秒ほどしてから衝突音がしたと。警察の方があの信号は40秒間、青になるといっていました。それから近くの草取りをしていた人が、すぐに信号を見て私たちの信号が青だったと証言してくれています」。これらの証言は、すでに翻訳されて国外犯処罰の申請書類に含まれているという。
 同夫妻は「なにしろ、言葉もわからない、文化も違う国の裁判でとても不安です」としながらも、「しかし代理処罰でやると決めたのですから、国が違っても公正な裁判が行われると検察官、裁判官を信じて静かに見守りたいと思います」と締めくくった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 援協=先細りの地区委員に危機感=昨年だけで1割減、4503人に2019年11月1日 援協=先細りの地区委員に危機感=昨年だけで1割減、4503人に  サンパウロ日伯援護協会(与儀上原昭雄会長)は「第42回地区組織委員総会」を22日、聖市の援協本部ビルで行った。各地の地区委員19人と役員ら約50人が出席。年会費は100レアルで据え置くことが決まり、園田明憲委員長から会員の減少が課題として挙がった。  10月19日時点で個人 […]