ホーム | 日系社会ニュース | 日本民謡全伯大会=川岸貴美子さんが優勝=奥地からも多数参加

日本民謡全伯大会=川岸貴美子さんが優勝=奥地からも多数参加

ニッケイ新聞 2013年5月10日

 日本民謡協会ブラジル支部(横山正会長)が先月28日、宮城県人会館で『第46回日本民謡全伯大会』を開催した。
 今年はクリチーバ、バストス、マリリア、ア・マッシャードなど、奥地の支部からも多くの会員が訪れた。例年より多い約150人の来場者のうち130人が大会に出場、日ごろの練習の成果を競った。
 昼食時は海藤三味線教室やア・マッシャード民謡部、健康体操やプ・プルデンテ支部のメンバーも余興を繰り広げ、会場を賑わせた。横山会長は「大勢の方々が来てくれて、民謡以外の音楽も色々と楽しめる一日になった」と語った。
 今年の優勝者は「日向木挽唄」を唄った川岸貴美子さん(66、愛媛)=アルジャ市=。10月中旬に東京両国国技館で開かれる「民謡民舞全国大会」の最終日に、内閣総理大臣賞争奪戦の部にブラジル代表として出場する。「横山先生に仕込まれて精一杯歌った。もっともっと勉強して日本の大会に臨みたい」と意気込みを語った。
 結果は次の通り(敬称略)。
【寿年の部】▼A=朝賀礼子、西村貴代子▼B=田中キヨ、村井美栄子、楢崎志摩子【高年の部】▼A=小山吾七、滝ヶ平功、竹中文江▼B=岩岡美代子、川野秀雄、坂本省三、直井幸子▼C=田中アリセ、吉岡マリア、有熊茂▼D=岸野デイゼ瑞江、守屋君子、小松久仁子、藪中えい子【青壮年の部】田村エレーナ、海野信一、海野初枝【少年少女の部】朝秀さゆりレチシア、荒木ギリェルメ、藤本アナ・ロベルタ、森フェリッペヨシ【優勝者の部】▼A=伊津野敬嗣、坂川オノフレ、浜本ふじえ▼B=市来輝子、会田郁子、堀洋子▼C=上田多美男、山本敦、木谷留美子▼D=大嶋裕一、塩野彰、川岸貴美子【名人位争奪戦】松田国子、久保時雄、井上八郎、海藤晶子。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 郷土民謡が第30回大会=5日、日本から慶祝団4人2018年7月31日 郷土民謡が第30回大会=5日、日本から慶祝団4人  ブラジル郷土民謡協会(斉藤美恵会長)は第30回全伯大会を8月5日午前9時から、聖市の宮城県人会館で開催する。優勝者は10月に日本のさいたま市文化センターで開催される「日本郷土民謡民舞全国大会」にブラジル代表として派遣される。  当日は日本から慶祝使節団4人、椿真二( […]
  • 秋の叙勲=在聖管轄の6人に栄誉=晴れやかに伝達祝賀式=社会貢献の意欲あらたに2016年12月16日 秋の叙勲=在聖管轄の6人に栄誉=晴れやかに伝達祝賀式=社会貢献の意欲あらたに  日本政府による2016年度秋の叙勲の伝達祝賀式が14日午後、在聖総領事公邸で行なわれた。元文協会長の木多喜八郎氏(72、二世)=旭日小綬章=、柔道の元ブラジル代表監督の篠原正夫氏(92、同)=旭日単光賞=らが栄誉に浴し家族ら約50人と共に受章を祝った。 […]
  • 東京五輪でスポーツ交流=ブラジル選手受け入れ9件=遠野市などホストタウンに2017年12月20日 東京五輪でスポーツ交流=ブラジル選手受け入れ9件=遠野市などホストタウンに  2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、スポーツの活性化、グローバル化の推進、観光振興などを目的として、日本の地方自治体が海外選手団の誘致を進めている。岩手県遠野市、静岡県浜松市などがブラジルの選手団の「ホストタウン」(受入れする町)として登録され、スポー […]
  • 日系ブラジル人メダル連発=同胞の「誇り」2016年8月17日 日系ブラジル人メダル連発=同胞の「誇り」  【リオ・デ・ジャネイロ共同】リオ・デ・ジャネイロ五輪で日系ブラジル人選手2人が14~15日、相次いで銅メダルを手にした。ブラジルが獲得したメダルは16日までに計10個。日系人選手の活躍は自国開催で意気込むブラジル代表チームに勢いを与えており、日系社会からは「誇りだ」と喜びの声 […]
  • 全伯民謡大会=若手三世が訪日切符を獲得=祖父母の思い胸に日本大会へ2016年9月27日 全伯民謡大会=若手三世が訪日切符を獲得=祖父母の思い胸に日本大会へ  ブラジル郷土民謡協会(斉藤美恵会長)主催の第28回全伯大会が7日、聖市の宮城県人会で開催され、遠方からの参加者含め、80人以上の民謡愛好者が日頃からの喉自慢を披露した。  最年長で96歳の国武登美男さんというベテランから12人の新人も参加。厳しい予選を勝ち抜き栄えある頂 […]