ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年5月10日

 「中国人が激増し、大きな影響力を持ってきました」。お隣アルゼンチンの邦字紙「らぷらた報知」の崎山朝一さんとメールをやり取りする中で、そんな言葉が飛び出した。亜国人口は4千万人余だが、移民局の推計では約12万人の中国人がいる。05年には6万余だったから、わずか8年で2倍になった▼亜国中国系の多くはスーパー経営に携わっており、その数7千軒以上とか。中国系だけのスーパーマーケット会議所すらある。105周年を迎える亜国日系人口は、最近の調査で6万1千人(子孫含めて)と判明した。中国移民の激増振りが伺われる▼ウィキペディアによれば、伯国の中国人は20万人、うち13万人が聖市に集中する。戦前戦後を通した日本移民の総数が25万人だから、それに近い数がここ数十年で入った。5月5日付けエスタード紙では聖市内に日本国籍者は1万1694人、中国国籍者は8945人とあるから、おそらくビザなしを入れたらすでに中国人の方が多い▼日本では若者が留学したがらないとか、海外駐在を嫌がると聞くが、なにも最初から外国に永住する必要はない。西洋式の弱肉強食社会で生きる困難さを身をもって体験して、日本が今後どう生き残っていくかを真剣に考える材料にし、その中から日本の素晴らしさに気付いて欲しい▼ネットやテレビで見ただけでは現実は絶対に分からない。自分の目で見て、食べて、感じることが大事だ。そんな体験を促進する交流査証(2年ぐらい)を日伯間で作り、コロニアが積極的に引き受け先になったらどうか。中国人に負けない熱意で日本の若者にも伯国を体験して欲しい。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨2017年5月23日 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨  5月に入って気候も良くなり、経済の面でも明るさが見えて来た。何ともパッとしないブラジルもこれで良い方に進むのかと期待していたら、おっとどっこい、行政の中心部に爆弾炸裂です。それで先週後半から大統領府の業務はストップ、政界の偉い先生方も右に走り左にあたりで、大混乱となっ […]
  • どこも異常な現在の南米2019年10月11日 どこも異常な現在の南米  5年以上続いている政治的混迷がボウソナロ政権以降にますます深みにはまっている伯国。だが、現在の南米を見ていると、おかしいのはこの国だけでないことがすぐわかる▼それはもちろん、マドゥーロ極左政権の暴走で国際的な孤立状態になって久しいベネズエラや、実業家出身の保守派大統領 […]
  • ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か2019年9月27日 ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か  24日の国連総会での演説を、ほぼ「極右大統領としてのプロパガンダ」に終始したボウソナロ大統領。国際舞台が期待していた「アマゾン森林保護対策」に関しては欧米諸国の期待に応えるどころか神経を逆なでしていたようにも見えた。だが「自分の政治ポリシーのアピールの場」にすることし […]
  • 『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』を読んで2019年7月16日 『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』を読んで  ペルーに6年住み、南米を取材して回った経験がある元朝日新聞記者、三山喬(たかし)さんの新著『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』(岩波書店)が手元に届き、パラパラと見ていて次の一文を見つけて、アッと唸った。  《世界のウチナーンチュ […]
  • “逆ロビン・フッド”なブラジルの年金制度2019年4月30日 “逆ロビン・フッド”なブラジルの年金制度  昨年の大統領選挙以来、なぜ世の中は、社会保障改革、社会保障改革とさわいでいるのか――。読者の多くもブラジルの年金を日々もらっているだろう。これが安定的に支払われるのかを心配する人もいるのではないか。実際にリオ州公務員は一昨年来、支払いが滞っている。  そこに見え隠れ […]