ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年5月15日

 二世友人宅に最近、クレジットカード(以下Cカード)会社から電話が頻繁に来る。友人の妹AがCカード支払いを滞らせ、電話代すら払えず電話を切られたので、連絡先の友人に問い合わせが来るのだ。某大手衣料販売店網からも、Aが使った同店分割払いカードの支払が遅れているとの督促が友人に入るようになった▼Aは50代前半の二世女性で、93年頃から訪日就労して金融危機で解雇され、日本政府の帰国支援を受け3年前に帰ってきた。10年前ならCカードは審査が厳しく、一般庶民は使えなかったが今では無職の彼女すら持てる▼金利計算ができないAは帰伯後Cカードを〃打出の小槌〃のごとく使った。何度かAと話をしたが、正直言って〃日系カボクロ〃的な印象を受けた。この層にCカードを持てるようにしてテレビで消費を煽るのは、借金地獄への片道切符を渡すのと同じだ▼帰国支援策は当初「戻れない」との条件だったが、本紙始め多くのメディアが批判し、「3年を目処に見直す」という曖昧な条件になった。でも日本政府の本音は「戻したくない」に決まっている▼先日、帰国支援を受けて帰伯した21歳日系女性が、夫の住む浜松に行こうとしてビザが出ず、日本政府を訴えた。未成年の時に親の判断で帰国支援を受けたなら、特例としてビザを出したらいい。だが帰国支援受給者の多くがA的人物なら、日本に戻さない方が日系社会の評判を落とさずに済む▼日本には「タダより高いものはない」という格言がある。帰国支援を使ったら「戻れなくなるかも」と推測することは、それ自体が日本で生活する上での〃適性試験〃だったようだ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 封印されてきたブラジルテイスト発揮=マルシア デビュー30周年で新アルバム2019年10月22日 封印されてきたブラジルテイスト発揮=マルシア デビュー30周年で新アルバム  「私たち(日系人)は日本人にはなりきれない。でも、日本人の心を理解する魂は持っている」――2014年11月、サンパウロ州モジ市コクエラ区のふるさと祭りに取材に行った際、たまたま居合わしたマルシアにインタビューした際、そう言われ、けだし明言だと感心した。  顔を見て、 […]
  • 「ボウソナロ一家の見込み違い」とは?2019年10月18日 「ボウソナロ一家の見込み違い」とは?  ボウソナロ大統領、および、彼の息子たちの一族に一時期ほどの勢いがなくなっている。それは世論調査で、ボウソナロン政権の治世への支持率で否定的なものが肯定的なそれを上回り始めていることでも明らか。さらに、先週から勃発した「社会自由党(PSL)離党問題」でそのイメージはなお […]
  • ガンの治療に新たな道2019年10月17日 ガンの治療に新たな道  末期リンパ腫で痛み止めのモルヒネを毎日、上限量まで使い、体重が激減して、自分では歩けなかった患者がある日、痛みが消え、歩けるようになった▼先週からこんな風に話題となっているのは、サンパウロ州リベイロン・プレットのサンパウロ総合大学血液センターでラ米初のCAR―T細胞療法を受け […]
  • 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?2019年10月15日 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?  「どうしてブラジルからは、彼女のように祖国で注目される作家が生まれなかったのか?」――10日晩、サンパウロ文化センターで行われた多和田葉子(59、ドイツ・ベルリン在住)の公開対談を聞きながら、海外在住者が持つ「外からの視点」という共通点を強く感じ、そう残念に思った。 […]