ホーム | 文芸 | 刊行 | 刊行物=『忘れられない日本人移民』=映像作家 岡村淳さん初の著書

刊行物=『忘れられない日本人移民』=映像作家 岡村淳さん初の著書

ニッケイ新聞 2013年5月23日

 ブラジルに20年以上住む記録映像作家、岡村淳さん(54、東京)の初の著書『忘れられない日本人移民 ブラジルへ渡った記録映像作家の旅』(港の人、1800円、232頁)が先月刊行された。
 約30年にわたる取材活動を通じ、「人間的に非常に面白い」と感じた6人の移民の人生を、彼らとの出会いから現在に至るまでのエピソードなどを交えて描く。2008年に一年間、音楽情報誌『ラティーナ』に発表した連載記事を素材に、約5年かけて新たに書き下ろしたもの。かつてサンパウロ人文科学研究所に勤務した友人の淺野卓夫さんが編集した。
 報告のため本紙を訪れた岡村さんは「移民史の中では小文字で書かれるような人だが、人生にダイナミズムがある。日本に住む人が、ブラジルに暮らす移民の話を通して人生を見つめ直す機会になれば」と話している。
 岡村さんは1987年に移住し、97年からドキュメンタリーの自主制作を開始。当地の日本移民、社会・環境問題をテーマとした映像作品の制作を行う。近年の作品に「あもーる あもれいら」(全3部)「サルヴァドールの水彩画」「リオ フクシマ」など。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • ブラジルNAK=創立10周年で書籍出版=『歴史を見つめて、110周年』2019年10月19日 ブラジルNAK=創立10周年で書籍出版=『歴史を見つめて、110周年』  ブラジル日本アマチュア歌謡連盟(Institudo NAK do Brasil=INB/北川ジューリア好美会長)は、昨年の日本移民110周年を記念した書籍の出版とINB創立10周年を祝う式典を23日(水)午後6時半から、ジャパン・ハウス(Av. Paulista, […]
  • 白旗諒子さん『お日さま』刊行=農業に励む花嫁移民の生きざま2019年10月11日 白旗諒子さん『お日さま』刊行=農業に励む花嫁移民の生きざま  イビウナ市在住の白旗諒子さん(76、長野県出身)が、今までに新聞などに寄稿した文章を抜粋して『お日さま』として日毎叢書企画出版からこの度刊行した。  白旗さんは、1943年7月に長野県に生れ、屋代南高校卒業後に埼玉県入間郡の精神薄弱児施設で保母見習いとして働いた。コ […]
  • 月刊ピンドラーマ=10月号配布中2019年10月9日 月刊ピンドラーマ=10月号配布中  コジロー出版のブラジル情報誌『月刊ピンドラーマ』10月号が出版された。  宮本碧氏の「さんぱうろぐるめをっちゃー」では、聖市ヴィラ・マリアーナ区の人気台湾料理店などを紹介。また同出版社で、日向ノエミア氏の著書も販売している。ポ語教育関係者で異文化エッセイストの在日伯人の興味 […]
  • 和歌山=県人移民100周年記念誌完成=400頁で30家族の歴史綴る2019年9月28日 和歌山=県人移民100周年記念誌完成=400頁で30家族の歴史綴る  ブラジル和歌山県人会(谷口ジョゼ会長)は22日の創立65周年式典内で、2017年から取り組んでいた『県人移民100周年記念誌』の発刊式を行った。  記念誌は全400頁フルカラーの大作。県人会の歴史、県人30家族の歴史、松原植民地の歴史などをまとめた。製作には宮坂国人 […]