ホーム | 日系社会ニュース | 俳句・短歌コンクール=日本祭りでも投稿可能

俳句・短歌コンクール=日本祭りでも投稿可能

ニッケイ新聞 2013年7月11日

 ブラジル日系文学(武本憲二会長)が、今年も県連日本祭りの「日本祭り文化コーナー」で俳句、短歌、ハイカイのコンクールを実施する。
 兼題は、▽俳句=日本祭、郷土祭、会場嘱目(即興的に目に触れたものを詠むこと)、冬季一切で3句▽短歌=日本祭、郷土祭、自由で2首▽ハイカイ=Festival do Japao, Figueira。15歳以下は児童部門、16歳以上は成人部門となる。
 原稿用紙、またはそれに準ずるもの(マス目のある用紙)を使用し、作品の漢字にはふりがなをつけ、電話番号、氏名、住所を明記すること。用紙は会場や各句会でも配布している。
 19〜21日の開催期間中に来場できない場合は、次のあて先に投稿する。俳句・短歌は31日(必着)、ハイカイは8月21日締め切り。
 Nikkei Bungaku do Brasil
 Rua Vergueiro, 819, sala 2, CEP 01504-001, Sao Paulo, SP
 選者は間島稲花水、富重久子、小斉棹子、杉本絃一(俳句)、小野寺郁子、小池みさ子、滝友梨香さん(短歌)。ハイカイ入賞者には増田恒河賞が贈られる。授賞式は、後日主催者の事務所である。
 案内のため来社した武本会長、会員の小野寺郁子、鈴木文子、西田はるのさんらは「愛好者の皆さん、奮ってご応募を。是非会場に足を運び、展示作品もご覧ください」と呼びかけた。
 詳細はサイト(www.nikkeibungaku.org.br)、問い合わせは同文学(11・3203・2018)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ