ホーム | 日系社会ニュース | ベネズエラ力士が来伯!=合同練習、大会にも出場

ベネズエラ力士が来伯!=合同練習、大会にも出場

ニッケイ新聞 2013年7月12日

 今月20、21日にブラジル相撲連盟が開催する『第52回全伯相撲選手権大会』に出場するため、ベネズエラから選手ら13人(引率3人、ジョゼ・ロドリゲス団長)が8日に来伯した。サンパウロ市ボン・レチーロ区の常設土俵場で、毎日当地の選手と合同稽古に励んでいる。
 同国が来年の「南米相撲選手権大会」の開催国となったため、大会開催のノウハウを学び、実力を伸ばすために訪れた。
 彼らの来伯を受け、全伯相撲選手権大会では特別に、2日目に国際大会も行う。当地の有力選手の胸を借りながら、高めた相撲の腕が試される。
 9日の祝日には、合同稽古の後に歓迎会も開かれた。スドエステ、サントアマーロ、ノーヴォ・セントラルなどからも選手が駆けつけ、約30人でシュラスコを食べながら賑わった。
 同連盟の関係者は「ベネズエラは相撲の歴史は浅いが、選手は体格もいいし力がある。南米大会に初出場して優勝する選手もいるので、しっかり力を付けて帰ってほしい」と成長に期待を寄せていた。一行は、24日に帰国する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日亜修好120周年記念絶品料理=日本市場解放祝って試食会2018年9月15日 日亜修好120周年記念絶品料理=日本市場解放祝って試食会  【らぷらた報知13日付】アルゼンチンと日本二国間の修好120周年記念として、アルゼンチン産肉の日本市場解放を祝い、アルゼンチン・パタゴニア・ラム(小羊)のプレゼンテーション及び試食会を8月29日に、ブエノスアイレス市内の料亭ニッポリで開催した。日亜修好120周年記念式 […]
  • ブラジルで唯一の日本人職員=ユニセフのベネズエラ移民保護=子供の生きる権利を守る2018年7月12日 ブラジルで唯一の日本人職員=ユニセフのベネズエラ移民保護=子供の生きる権利を守る  ベネズエラは深刻な経済・政治危機に瀕しており、より良い生活を求めた移民や難民がブラジルに大挙流入している。星野真穂さん(31、埼玉県)は、国際連合児童基金(ユニセフ)がブラジルで行うベネズエラ移民の子供支援プロジェクトに、唯一の日本人職員として約8カ月間に携わった。帰 […]
  • らぷらた報知=マティス米国防長官が訪亜=中国に対抗して兵器売り込み2018年9月15日 らぷらた報知=マティス米国防長官が訪亜=中国に対抗して兵器売り込み  【らぷらた報知13日付け】米国防長官がアルゼンチンに中国の影響を抑える為兵器販売に踏み切った。ブエノスアイレス滞在は数時間に留まり、オスカー・アグアド国防相との会見が主な目的だ。  ジェームズ・マティス米国防長官は、南米4カ国を周り中国の進出に対抗する目的で軍事装備 […]
  • マナウスで大運動会=途中中止も二百人参加2017年10月26日 マナウスで大運動会=途中中止も二百人参加  【アマゾナス州マナウス発】アマゾナス州マナウス市のマナウス・カントリークラブで8日、「第26回マナオス大運動会」が行われた。元々移住地で開催されていたのが引継がれた行事で、集まった約200人の参加者は、雨天で途中中止になるまで汗を流した。  運動会は西部アマゾン日伯 […]
  • ラ米最大の観光業展示会=50カ国600団体が参加2018年5月10日 ラ米最大の観光業展示会=50カ国600団体が参加  ラテンアメリカと世界とを繋ぐ企業間ネットワーク作りを目的として、「ラテンアメリカ世界観光展示会」(World Travel Market Latin […]