ホーム | 日系社会ニュース | レジストロ=民謡、民舞、演歌祭り=300人の観衆で賑わい

レジストロ=民謡、民舞、演歌祭り=300人の観衆で賑わい

ニッケイ新聞 2013年7月16日

 日本民謡協会ブラジル支部主催による『全伯民謡・民舞・演歌祭り』が7日、レジストロ日伯文化協会が実行主体となって行われた。イグアッペ、レジストロ、セッテ・バラス日本開拓移民入植百周年祭実行委員会および同市ベースボール・クラブ後援。
 タウバテからは海藤司一家、同市はじめプレジデンテ・プルデンテ、サンパウロ、クリチーバ、サンミゲル・パウリスタから芸達者が参加し、得意の演技を披露した。
 同市で子どもたちに民謡を教えている山口勉さんが、カポエイラグループの演奏にあわせて北海盆歌を歌うという珍しい趣向が受け、拍手喝采を浴びた。出演者と約300人の観衆が一体となり、95種目のプログラムを1日中楽しんだ。(金子国栄さん通信)

image_print

こちらの記事もどうぞ