ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年7月16日

 12、13日付伯字紙に非常に対照的な記事 が出た。一方は、23日からリオで始まるワールドユースデーに参加するフランシスコ法王が、ホテルや航空機をより簡素なものに変更させたというもので、もう一方は、ブラジルの政治家達が空軍機を当然の権利の如く乱用しているというものだ▼フランシスコ法王はより快適なベッドや特別機を断り、同伴者と同じベッドと同じ空港からの飛行機にこだわり、人ごみを避けるために搭乗口だけは別のものを使ってくれとの頼みをやっと呑んだ。13日付の新聞には、予定変更で法王用の部屋をしつらえ直す女性の写真も掲載されていた▼それに対し、政治家の空軍機利用は、どう考えても職権乱用としか思えないものが続く。下院議長が6月にコンフェデ杯決勝を見に行くため、北東伯の出身地まで空軍機を飛ばした後、家族同伴でリオまで往復した。上院議長が上院議員の結婚式に行くのに空軍機を使った。リオ州知事が自宅から州政庁までの10キロを空軍ヘリで通勤など、数えだしたらきりがない▼もちろん、職務上、緊急を要する場合もあるから、空軍機の利用を禁じろという気はない。だが、国民の税金で動かしているのだから節約すべきという考えはさらさらなく、特権は使って当たり前、自分はそれに値する立場だと開き直るあたりは鼻白む▼景気回復の遅れと減税措置で税収が減り、支出削減、政治改革の声も上がる中、現職閣僚らが上半期に空軍機を使った回数は昨年上半期の39%増しという報道に首を傾げたくなる人も多いのでは。次回選挙では権利の行使には責任が伴うと知る人が出てきてくれるといいのだが。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • コラム 樹海2013年7月31日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年7月19日  「上塚周平さんは少しも気取らない、大変庶民的な人でした。母が日本で師範学校を卒業していて、プロミッソンに入植してからも日本語学校で教鞭をとっていた関係で、母に連れられて上塚さんのご自宅に伺ったことを覚えています」。清水道子さん(88、大分) […]
  • コラム 樹海2004年12月28日 コラム 樹海  インドネシアのスマトラ島沖で巨大な地震が発生し大津波の猛威がスリランカやインド、タイなどに襲い掛かった。まだはっきりとした犠牲者数は不明だけれども、死者は二万人を超えるの情報が伝わっている。この津波はアフリカや南極でも観測されており明治二十九年に起こった「三陸明治地震津波 […]
  • コラム 樹海2013年7月31日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年7月13日  リベルダーデの「七夕祭り」のゴタゴタ騒ぎには—呆れ果てる。これまでに30数回も宮城県人会と仲良くやってきたのに何を今更の思いが胸奥に浮かぶ。飾り竹の代金がどうのこうのとかの子どものお遊びのようなつまらないことが捩れてしまっての「諍い」らしい […]
  • コラム 樹海2013年8月31日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年8月17日  「軍と警察は男性専科」とされるが、自衛隊にも女性将官がいて 去る8月22日に退官した柏原啓子空将補もそんな一人である。驚いたことに関西学院大学を卒業し昭和54年(1979年)に一般幹部候補生として入隊し、自衛隊初の女性基地司令などの第一線で […]