ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

  パラナの二つの日系団体の新年祝賀会開催のことがさきごろ、送信されてきた。新年祝賀会には違いないが、そうは言わない。式典創設時の呼称そのまま「新年拝賀式」である。いうまでもなく、皇室を敬った呼称だ。日本では、おそらく死語だろう▼新年拝賀式では「御真影」(天皇皇后両陛下のお写真)に最敬礼する。昭和2ケタ生まれも十二、十三年生まれまでなら、なんのことか解る。印字しようとワープロを叩いても、拝賀式、御真影は漢字変換ができない。「ご新鋭」と変換される。結局一字ずつ印字するしかない▼さきのパラナの二団体の一つは、アサイのパルミッタール区会だった。昔ながらの新年拝賀式挙行は、アサイ郡内でも数少ないといわれる。使用した言葉は、すべて日本語だった。それが強調されていた。引き続いて行われた新年宴会のほうもおそらくそうだったのだろう▼拝賀式は、参加者全員が御真影に最敬礼しなければ、拝賀式でないし、日本語使用にもこだわっている。儀式開催をリードしているのは、すでに二世である。そして、二世たちは、こうした行事は三世、四世になると、あまり重きをおかなくなるので、いまのうちに日本の伝統行事だと教え込んで、自分たちの祖先がどうであったか、を学ばせる必要があると考えている▼日本ではなくなってしまった行事であることに思いをめぐらすことはしない。純粋に残すべき伝統行事、美しいしきたりだと考えている。余人は批評するのみである。(神)

04/01/30

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『花を愛でる』展=空間を花器に、四季演出2010年10月28日 『花を愛でる』展=空間を花器に、四季演出 ニッケイ新聞 2010年10月28日付け  香月流華道研修会(池田美保子主宰)は、花の美を追求する展示会『花を愛でる』を11月6、7の両日、文協ビル貴賓室(2F)で開催する。2002年に初開催、今回2回目となる。 […]
  • サンパウロ市=グアラピランガで18歳青年溺死=恋人の16歳女性も遺体で発見2017年10月3日 サンパウロ市=グアラピランガで18歳青年溺死=恋人の16歳女性も遺体で発見  1日、サンパウロ市南部のグアラピランガ貯水池で沐浴をしていた学生たち5人が溺れ、18歳の男性が死亡、その恋人の女性も遺体で発見される事故が起こった。2日付現地紙とサイトが報じている。  事故が起きたのは1日午後1時ごろで、サンパウロ市南部のカペラ・ド・ソコーロにあるグアラピ […]
  • コラム 樹海2011年7月15日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2011年7月15日付け […]
  • 東西南北2006年8月26日 東西南北 2006年8月26日付け […]
  • ポルトガル=警察がブラジル人女性を射殺=ATM強盗犯の車と誤認され2017年11月18日 ポルトガル=警察がブラジル人女性を射殺=ATM強盗犯の車と誤認され  ポルトガルの首都リスボンで15日未明、現地在住17年のブラジル人女性イヴァニセ・カルヴァーリョ・ダ・コスタさん(36)が地元警察に撃たれて死亡したと、16、17日付ブラジル国内各紙・サイトが報じた。  リスボン都市圏アルマダ市で発生した現金自動引き落とし機(ATM)強盗犯を […]