ホーム | コラム | 樹海 | 言葉を発する前のためらいや熟慮は?

言葉を発する前のためらいや熟慮は?

 NHKの番組で先日、中高年の男性が「オヤジギャグ」を言うのは、50代をピークに「連合記憶」が活性化する一方で前頭葉の働きが落ち、節制が利かなくなるからと語っていた▼言語学をかじっただけに、「連合記憶」や前頭葉という言葉が懐かしくて聞いていると、年齢や経験を重ねる事で一つの言葉から連想できる物や言葉が増える事と、周りが何と思うかと考えてためらったりする傾向が薄れるため、安直な駄洒落が言えるようになるのだという。しかも、女性が言わないのは左脳と右脳の関係云々と続く▼これを聞き、高齢者が物忘れし易くなったり、反応するのに時間がかかるようになったりする原因は能力低下ではなく、脳の中の情報が多くなり過ぎたためとの説を思い出した。コンピューターのメモリーが一杯になると速度が落ちるのと同様、必要な情報にたどり着くのに時間がかかるようになるというのだ▼だが、様々な情報が瞬時に結びついた結果、連想できた言葉をためらいもせずに発した安直な駄洒落が「オヤジギャグ」だと聞いた途端、「口論になり、勢いで口走った」と言い訳した人や場面が頭に浮かんだ。ジャイール・ボウソナロ次期大統領が女性下議と口論し、「お前を強姦しないのはそれだけの価値がないからだ」と言い、「息子達は育ちがいいから黒人女性と恋愛などしない」と語った件などはその一例だ▼時には風刺を利かせる事も必要だ。安直な駄洒落で場を和ませる事もよいだろう。だが、ためらいや熟慮を欠いた言葉は人を傷つけ、人間関係や国際関係も狂わせる。年齢や経験を積み、置かれた立場やTPOに即した発話ができるのも中高年だと思いたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア2019年8月13日 大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア  10日(土)付エスタード紙は実に興味深い紙面になっていた。論説がのるA2面のトップ寄稿に、ジョアン・ドリア聖州知事が思いっきり〝中国愛〟をぶちまけていたからだ。  いわく《1万6千キロの距離、11時間の時差。サンパウロと北京の間にあるこの地理的障壁を越えて、今週、聖 […]
  • 父と子の絆を描くメッセージ2019年8月8日 父と子の絆を描くメッセージ  父の日(8月第2日曜日)が近づいている。ブラジルでは、6月の恋人の日と10月の子供の日の間を埋めるため、8月に決めたと聞いた事がある。理由はともあれ、父親への敬意や感謝を覚え、示す日は、大切にして欲しい。そういう意味で、この時期にSNSでよく流れる、息子が父親をレストランに連 […]
  • 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)2019年8月6日 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)  「鐘が鳴ります 耕地の鐘が ほのぼの明けた 空に鳴る」―ブラジル熟年クラブ連合会(上野美佐雄会長)の『第43回熟年クラブ芸能祭』が7月28日にサンパウロ市の静岡県人会館で開催され、数十年ぶりに合唱曲「幸せがいっぱい」(会田尚一作詩)が披露された。  それを聞いた、夫の仕 […]
  • ジャーナリズムは事実の奴隷でなければ2019年8月1日 ジャーナリズムは事実の奴隷でなければ  キャリア50年以上のジャーナリスト、アレッシャンドレ・ガルシア氏が、「ジャーナリズムは事実の奴隷でなければならない」と語り、我々の視点や倫理観というフィルターを避ける事は不可能だが、自分が信じる事実を曲げてはならないと説いた▼弊紙でも、題材の選び方や表現方法に記者の関心や問題 […]