ホーム | コラム | 樹海 | 言葉を発する前のためらいや熟慮は?

言葉を発する前のためらいや熟慮は?

 NHKの番組で先日、中高年の男性が「オヤジギャグ」を言うのは、50代をピークに「連合記憶」が活性化する一方で前頭葉の働きが落ち、節制が利かなくなるからと語っていた▼言語学をかじっただけに、「連合記憶」や前頭葉という言葉が懐かしくて聞いていると、年齢や経験を重ねる事で一つの言葉から連想できる物や言葉が増える事と、周りが何と思うかと考えてためらったりする傾向が薄れるため、安直な駄洒落が言えるようになるのだという。しかも、女性が言わないのは左脳と右脳の関係云々と続く▼これを聞き、高齢者が物忘れし易くなったり、反応するのに時間がかかるようになったりする原因は能力低下ではなく、脳の中の情報が多くなり過ぎたためとの説を思い出した。コンピューターのメモリーが一杯になると速度が落ちるのと同様、必要な情報にたどり着くのに時間がかかるようになるというのだ▼だが、様々な情報が瞬時に結びついた結果、連想できた言葉をためらいもせずに発した安直な駄洒落が「オヤジギャグ」だと聞いた途端、「口論になり、勢いで口走った」と言い訳した人や場面が頭に浮かんだ。ジャイール・ボウソナロ次期大統領が女性下議と口論し、「お前を強姦しないのはそれだけの価値がないからだ」と言い、「息子達は育ちがいいから黒人女性と恋愛などしない」と語った件などはその一例だ▼時には風刺を利かせる事も必要だ。安直な駄洒落で場を和ませる事もよいだろう。だが、ためらいや熟慮を欠いた言葉は人を傷つけ、人間関係や国際関係も狂わせる。年齢や経験を積み、置かれた立場やTPOに即した発話ができるのも中高年だと思いたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 日常生活を通して伝わる文化2019年5月9日 日常生活を通して伝わる文化  スーパーで買い物中、狭い通路の先に日系人の婦人が立ち止まるのが見えた。通路に入って来られるようカートを止めると、「お先にどうぞ」と手招いてくれたので、お辞儀しながら通路を抜けたら、肩を叩かれ、「繊細ね~。日本人だわ」と言われた▼日本人なら、一旦止まって待つ事やお辞儀は当たり前 […]
  • 主権回復の4月28日は、沖縄には「屈辱の日」2019年5月7日 主権回復の4月28日は、沖縄には「屈辱の日」  「皆さん、今日4月28日が何の日か知っていますか?」―講演の冒頭で、山城千秋・熊本大学教授が聴衆に質問したが、誰も答えられなかった。ブラジル沖縄移民研究塾(宮城あきら代表)が主催する第1回文化講演会「沖縄産業開発青年隊が果たした歴史的役割」が本部講堂で行われた時の一幕 […]
  • ネイマール所属チームの“ぬるま湯”2019年5月3日 ネイマール所属チームの“ぬるま湯”  4月27日のサッカーのフランス杯決勝。敗れたPSGのネイマールは、彼曰く「暴言を吐いた」というファンを小突くという、サッカー選手としてあるまじき行為を行なった。この行為で彼は、同国での試合の出場の長期出場停止を噂されている▼既にセレソンの主力となって8年くらい経つネイ […]
  • 新政策導入後も長蛇の列が続くSUS2019年4月25日 新政策導入後も長蛇の列が続くSUS  22日晩にサイトに出た「インフルエンザの予防接種キャンペーン第2弾開始」との本紙記事を見た読者が、その日のうちに「ブラジルでは予防接種が無料だが、先進国の日本が代金を取るとは…」とのコメント付でフェイスブックに載せていた。30年前、ブラジルに来る準備で長女に予防接種を受けさせ […]