ホーム | コラム | 樹海 | 言葉を発する前のためらいや熟慮は?

言葉を発する前のためらいや熟慮は?

 NHKの番組で先日、中高年の男性が「オヤジギャグ」を言うのは、50代をピークに「連合記憶」が活性化する一方で前頭葉の働きが落ち、節制が利かなくなるからと語っていた▼言語学をかじっただけに、「連合記憶」や前頭葉という言葉が懐かしくて聞いていると、年齢や経験を重ねる事で一つの言葉から連想できる物や言葉が増える事と、周りが何と思うかと考えてためらったりする傾向が薄れるため、安直な駄洒落が言えるようになるのだという。しかも、女性が言わないのは左脳と右脳の関係云々と続く▼これを聞き、高齢者が物忘れし易くなったり、反応するのに時間がかかるようになったりする原因は能力低下ではなく、脳の中の情報が多くなり過ぎたためとの説を思い出した。コンピューターのメモリーが一杯になると速度が落ちるのと同様、必要な情報にたどり着くのに時間がかかるようになるというのだ▼だが、様々な情報が瞬時に結びついた結果、連想できた言葉をためらいもせずに発した安直な駄洒落が「オヤジギャグ」だと聞いた途端、「口論になり、勢いで口走った」と言い訳した人や場面が頭に浮かんだ。ジャイール・ボウソナロ次期大統領が女性下議と口論し、「お前を強姦しないのはそれだけの価値がないからだ」と言い、「息子達は育ちがいいから黒人女性と恋愛などしない」と語った件などはその一例だ▼時には風刺を利かせる事も必要だ。安直な駄洒落で場を和ませる事もよいだろう。だが、ためらいや熟慮を欠いた言葉は人を傷つけ、人間関係や国際関係も狂わせる。年齢や経験を積み、置かれた立場やTPOに即した発話ができるのも中高年だと思いたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》あの三宅ローザの生涯が凝縮された一冊2018年11月20日 《ブラジル》あの三宅ローザの生涯が凝縮された一冊  「Isto é uma […]
  • ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳2018年11月6日 ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳  ビニールハウスのような養殖場に入ると、一瞬息が詰まるぐらいムッとし、眼鏡とカメラのレンズが曇った。きけば内部温度は37度以上に保たれているという。  ここは江尻龍之介さん(60、愛知県)が経営するピラルクー養殖場だ。サンパウロ市から南西に127キロのミラカツー市にあ […]
  • 「隠れ移民大国」日本は、キチンとした移住政策をとるべき2018年11月13日 「隠れ移民大国」日本は、キチンとした移住政策をとるべき  『文藝春秋』11月号には《安部政権最大の失政/亡国の「移民政策」》という刺激的な特集が40ページも組まれている。これを読んで驚いたが、実は日本は「隠れ移民大国」だった。  《現在、日本で暮らす外国人数は、約二百五十六万人(二〇一七年末時点。法務省の在留外国人統計)。 […]
  • 刺青や大麻に対する受け止め方の違い2018年10月18日 刺青や大麻に対する受け止め方の違い  ホームレスの男性に密着取材したNHKの番組で、首筋や袖口にも刺青を覗かせた青年が、「刺青をしている人が全て悪人ではないと知ってもらいたくて、善行を心がけている」と語っていた。確かに日本ではまだ、刺青は極道などと結び付けて考えられるんだろうなと思い、文化の差を感じた▼ブラジルで […]
  • イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟2018年10月23日 イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟  「これが太古の闇か…」――ガイドが鍾乳洞の電気を消した瞬間、深い感動を覚えた。  「悪魔の洞窟」(Caverna do […]