ホーム | コラム | 樹海 | 言葉を発する前のためらいや熟慮は?

言葉を発する前のためらいや熟慮は?

 NHKの番組で先日、中高年の男性が「オヤジギャグ」を言うのは、50代をピークに「連合記憶」が活性化する一方で前頭葉の働きが落ち、節制が利かなくなるからと語っていた▼言語学をかじっただけに、「連合記憶」や前頭葉という言葉が懐かしくて聞いていると、年齢や経験を重ねる事で一つの言葉から連想できる物や言葉が増える事と、周りが何と思うかと考えてためらったりする傾向が薄れるため、安直な駄洒落が言えるようになるのだという。しかも、女性が言わないのは左脳と右脳の関係云々と続く▼これを聞き、高齢者が物忘れし易くなったり、反応するのに時間がかかるようになったりする原因は能力低下ではなく、脳の中の情報が多くなり過ぎたためとの説を思い出した。コンピューターのメモリーが一杯になると速度が落ちるのと同様、必要な情報にたどり着くのに時間がかかるようになるというのだ▼だが、様々な情報が瞬時に結びついた結果、連想できた言葉をためらいもせずに発した安直な駄洒落が「オヤジギャグ」だと聞いた途端、「口論になり、勢いで口走った」と言い訳した人や場面が頭に浮かんだ。ジャイール・ボウソナロ次期大統領が女性下議と口論し、「お前を強姦しないのはそれだけの価値がないからだ」と言い、「息子達は育ちがいいから黒人女性と恋愛などしない」と語った件などはその一例だ▼時には風刺を利かせる事も必要だ。安直な駄洒落で場を和ませる事もよいだろう。だが、ためらいや熟慮を欠いた言葉は人を傷つけ、人間関係や国際関係も狂わせる。年齢や経験を積み、置かれた立場やTPOに即した発話ができるのも中高年だと思いたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 新大統領とは対照的な世界最強女性2019年1月4日 新大統領とは対照的な世界最強女性  伯国で、90年代前半まで「サッカーの次に国際的に強いスポーツは?」と問われたらその答えは「F1」だったもの。だが2000年代後半から、それは「総合格闘技」になりつつある。とりわけそれは2016年から「女子」で顕著になりつつある。現在、「世界で最も強い女性」は伯人だ▼昨 […]
  • 「ボヘミアン・ラプソディ」とブラジル2018年12月21日 「ボヘミアン・ラプソディ」とブラジル  今、世界で「話題になっていない国はない」と思えるほど大ヒットしている映画が「ボヘミアン・ラプソディ」。英国の世界的任期ロックバンド、クイーンの伝記映画だ▼なんでも日本では、公開から5週間が過ぎても、普通、1週ごとに落ちるのが当たり前の動員が、同じかそれ以上のペースで推 […]
  • 様々な違いは豊かさの源泉2018年12月27日 様々な違いは豊かさの源泉  25日夜、フランシスコ法王がクリスマスメッセージの中で、国籍や文化、宗教、人種、思想などの違いを超えた友愛を説き、「我々が持つ違いは欠陥や危険の源ではなく、豊かさの源泉だ」と語ったとのニュースを聞いた。法王は、愛がなければ、どんなに優れた計画やプロジェクトも、空虚で魂のこもら […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 同じ「神のヨハネ」でも…2018年12月20日 同じ「神のヨハネ」でも…  最近の新聞紙上を騒がせている事の一つに、世界的な心霊治療家ジョアン・デ・デウスによる性犯罪の告発がある▼ゴイアス州検察局へのメールや電話は6カ国から500件以上。18日の家宅捜索では、同氏の自宅から40万レアル余りの現金と、本物や玩具の銃6丁、銃弾が押収された。警察は性犯罪の […]