樹海

 「男所帯に蛆がわく」という言葉が、最近の小紙編集部(女性は常にいるのだが)を見渡すと腑に落ちる。お越しになった方はご存知のとおり長らくひどい有様だった。慣れてしまい気付かないでいたのだが、日本から来た人に「おお、すごいですね…」と絶句されることも。ところが最近、女性軍が一念発起して大整理を始めた。なんだか空気もキレイになり、雰囲気も明るくなった。大量に出てきた古本を編集部入り口で販売しているので、気軽に立ち寄ってほしい▼さて、こちらもいささか華やかさに欠ける文協の会長に、呉屋春美さんが推されている。背が高くスタイルもよく、おしゃれである。少々褒めすぎか。いや見栄えもトップの重要な条件だ。日ポ両語に堪能で、ルーツを重んじる沖縄の出身。100年祭では文協でも沖縄県人会でも重役を担った。経験は十分、存分の活躍を期待したいところ▼で、「永遠の副会長」山下譲二氏である。名前は二番目を譲ると書きながら、絶対に譲らない。鹿児島県人会で役員に土下座されても、会長の座には就かなかった。呉屋さんも山下さんの第一副会長を条件に受けたというから、二番手―いや右腕としての手腕は筋金入りなのだろう▼先日あった「文協文化祭り」。主催者発表で1500人と聞いて首をかしげた。数年前は2日間とはいえ、1万人を超していたイベントである。県連に文化イベントのお株を奪われてはいるものの、文化の名前を掲げているだけに奮起して欲しい。ともあれ初の女性会長誕生―今年創立60周年を迎えたばかりの新生文協の明るいニュースを喜びたい。少々先走りながら。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]