ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年7月19日

 日系アナスピ・ベテラーノ会が実施した「全伯陸上競技大会」。通常は、規模の大きいブラジル団体が実施するが、今年は10月に初の世界大会が迫っているため、日系団体に運営が任された。しかし、「一銭の融資もなければ援助もない。大きい日系企業に当たっても駄目で苦労した」とか。結局、懐の暖かい会員のポケットマネーで乗り切った。大会成功に拍手。
     ◎
 ブラジル日本語センターで始まった「汎米日本語教師合同研修会」。藤野琴子講師は、「中南米他国からの参加が減っている。参加は1回に限られているから、もう来られる人があまりいないのかも」と語る。家庭がある人は2週間家を空けるのが難しい。一方で、子育てが終わっても60歳を過ぎると年齢制限でアウト。条件の見直しが必要になってきたのかも。
     ◎
 陶芸家の生駒憲二郎さんの生徒が運営するブログ(ceramicacontemporaneabrasileira.blogspot.com.br)には、陶芸情報が盛りだくさん。バイーア、パラナ、エスピリト・サント、リオなど、全伯250人の陶芸家が登録しており、自身の新作やイベント情報などを流している。陶芸品に目がない方は、要チェック。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年10月19日 大耳小耳  「高齢者向けに日本語でスマフォやタブレットの使い方を教えてくれる講座があれば、利用者はかなりいるかも」などと思いつき、ネット上で探していたら、サンパウロ市文協が「DIGITALIDADE - inclusão digital para a terceira […]
  • 大耳小耳2018年7月31日 大耳小耳  日本ブラジル中央協会(大前孝雄会長、東京都港区)発行の会報『ブラジル特報』1645号が7月に刊行された。今回も読みどころ満載だ。【特集・ブラジル政治塾】(舛方周一郎・神田外語大専任講師)は、大統領選で《ルーラが出馬しない前提での決選投票で、アルキミン(PSDB)とシロ・ゴメス […]
  • 大耳小耳2018年6月8日 大耳小耳  トラックストの影響で聖南西のいくつかのイベントが日程変更にした。レジストロで行われる「第18回聖南西カラオケしんぼく」が5月27日から7月1日に、カッポンボニートで行われる「第62回相撲大会」が6月3日から同月24日にそれぞれ日程を変更した。またサンミゲル・アルカンジョの「第 […]
  • 大耳小耳2018年5月4日 大耳小耳  日伯経済文化協会(在東京)が、公立校在籍のブラジル人小中学生を職業体験施設「キッザニア […]