ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 10日付け「らぷらた報知」によれば先日、亜国のサラテ港に、名古屋の地下鉄で30年前まで使われていた日本製車両12台が到着し、4月からブエノスアイレス地下鉄C線で実際に使われる予定だとか。古い車両だが、冷房、自動開閉機能、速度測定器などもついている。1月に到着した6台とあわせれば計18台にも。昔の日本の地下鉄が好きな人は、ペソ安の今、郷愁を癒しにアルゼンチン旅行する好機かも?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本外務省研修生が総会=ラ米11カ国からOBら300人=3日間オンラインで交流2020年12月5日 日本外務省研修生が総会=ラ米11カ国からOBら300人=3日間オンラインで交流  隔年開催の「外務省研修生OB会ラテンアメリカ会議」の第17回総会が11月3、4、5日に開催された。例年5月の開催のところ今回はコロナ禍の影響で11月に延期し、宮坂国人財団(西尾ロベルト会長)の協力のもと、初のオンライン開催に踏み切った。  同会にはラテンアメリカ・カ […]
  • ヒト街点描=伯亜陸軍演習で池田中将活躍2020年12月4日 ヒト街点描=伯亜陸軍演習で池田中将活躍  ブラジルとアルゼンチンの陸軍合同演習「オペレーションARANDU」が11月3日から14日まで、ウルグアイとの国境付近の南大河州バジェ市で行われ、第3師団司令官の池田隆蔵中将が兵站責任者となるなどの重責を担った。  同師団は南大河州を管轄し、司令官は4万4千人の兵を統 […]
  • アルゼンチンでバッタ大群再発生=ブラジルまで10キロ、不安広がる2020年12月3日 アルゼンチンでバッタ大群再発生=ブラジルまで10キロ、不安広がる  アルゼンチン政府が11月27日に、ブラジルと国境をなすミシオネス州カンポ・ヴィエラ市やイタカルアレ市で新たなバッタの群れを見出し、ブラジルにも注意を促したと11月30日~12月1日付ブラジル国内サイトが報じた。  バッタの群れが観察されたのは、カンポ・ヴィエラ市の3 […]
  • 《チリ》北部でM5以上の地震=月末からアンデス山脈南部で頻発2020年12月3日 《チリ》北部でM5以上の地震=月末からアンデス山脈南部で頻発  2日、チリ北部でマグニチュード5・5の地震があった。チリ国民は、その2日前にも同国国境に近いアルゼンチン領内で起きた大きな地震で驚いたばかりだ。2日付現地紙サイトが報じている。  地震が起こったのは、同国北部のアタカマ砂漠のある地域だ。2日午後4時現在の報道によると […]
  • ブラジル・アルゼンチン首脳会談=確執から遠ざかる隣国=就任1年後に和解?2020年12月2日 ブラジル・アルゼンチン首脳会談=確執から遠ざかる隣国=就任1年後に和解?  ボルソナロ大統領は11月30日、アルゼンチンのフェルナンデス大統領との初めての二国間会合をビデオ・カンファレンス形式で行った。12月1日付現地紙が報じている。  ボルソナロ、フェルナンデス両大統領は、メルコスル会議などでは顔を合わせていたが、ふたりで会談を行ったのは […]