ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 1カ月あまり前の日曜日、サンパウロ市プラッサ・ダ・アルボレ駅ちかくのサンタンデール銀行支店の現金自動引出機から、カードで現金を引き出そうとした邦人が詐欺被害に遭った。カードを機械に入れたら、故障して出てこなくなり、困っていた。日曜なので銀行員がおらず、そこにいた親切そうなブラジル人が「この電話機が相談窓口に繋がるから、ブロッキア(口座封鎖)をしてもらえ」とゆび指した。電話すると対応窓口らしき職員が出て「セーニャ(パスワード)を教えないとブロッキアできない」という。「おかしいな」と思いながらも教えると、「プロッキア完了」とのこと。念のため翌朝同行で再度確認すると、口座にあったお金は全て引き出されたあと。〝電話〟も無くなっていた…。銀行員がいない週末に引出機を使うときはご注意を!
     ◎
 その邦人が東洋街のサンタンデール銀行の窓口で、カードの再発行手続きをしたら「3日でできる」と言われ、実際に行ったら「できていない」との返事。なぜかと聞いたら「手続きを間違えた」と説明するも一言も謝らない。小切手帳の増刷の手続きを銀行窓口でしたら「7日間でできる」といわれ、行ったらできていない。しかも「窓口の手続きはもうやっていない。2カ月前からインターネットだけ」とこっちが悪いかのように言うしまつで、「対応がひどすぎる」とケンカになったとか。その邦人は「ほかに良い銀行がないものか?」と探しているが、悲しいことに、どこも似たり寄ったり…。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年3月24日 大耳小耳  ブラジル日系熟連クラブ連合会の機関紙『ブラジル老荘の友』553号の俳壇(吉田しのぶ選)には、興味深い句が並んでいた。《ブラジルに慣れしも正月雪恋し》(寺田雪恵)には、その通りと膝を打った。《三つ日坊主と知りつつ求む日記帳》(岩崎ゆりか)にも共感。年末年始に何度も誓って書き始め […]
  • 大耳小耳2020年3月21日 大耳小耳  コロナ危機の影響で、水曜日からリベルダーデ日本広場の周辺が寂しくなっている。角にある丸海グループのコンビニ「MARUSO」は早々に一時閉店し、その向いの「喫茶店「89℃コーヒー・ステーション」も20日時点で一時休店になった。スーパー「丸海」や「ブエノ」、「海鮮」などは営業して […]
  • 大耳小耳2020年3月19日 大耳小耳  東京大学保健センターサイトによれば、新型肺炎の症状は以下の通り。 《★風邪の症状や37・5℃以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます) ★強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2 […]
  • 大耳小耳2020年3月3日 大耳小耳  2月18日付樹海コラム《県連日本祭りで「日本移民ショー」改訂版再演を》に対する読者からの感想が送られてきた。サンパウロ州ポンペイア在住の須賀得司さんで、ありがたいことに《大いに共鳴、一筆参らす次第》とのこと。一世が日本語世界の中で主張した日本文化を、二世、三世がポルトガル語世 […]