ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 1カ月あまり前の日曜日、聖市プラッサ・ダ・アルボレ駅ちかくのサンタンデール銀行支店の現金自動引出機から、カードで現金を引き出そうとした邦人が詐欺被害に遭った。カードを機械に入れたら、故障して出てこなくなり、困っていた。日曜なので銀行員がおらず、そこにいた親切そうな伯人が「この電話機が相談窓口に繋がるから、ブロッキア(口座封鎖)をしてもらえ」とゆび指した。電話すると対応窓口らしき職員が出て「セーニャ(パスワード)を教えないとブロッキアできない」という。「おかしいな」と思いながらも教えると、「プロッキア完了」とのこと。念のため翌朝同行で再度確認すると、口座にあったお金は全て引き出されたあと。〝電話〟も無くなっていた…。銀行員がいない週末に引出機を使うときはご注意を!
     ◎
 その邦人が東洋街のサンタンデール銀行の窓口で、カードの再発行手続きをしたら「3日でできる」と言われ、実際に行ったら「できていない」との返事。なぜかと聞いたら「手続きを間違えた」と説明するも一言も謝らない。小切手帳の増刷の手続きを銀行窓口でしたら「7日間でできる」といわれ、行ったらできていない。しかも「窓口の手続きはもうやっていない。2カ月前からインターネットだけ」とこっちが悪いかのように言うしまつで、「対応がひどすぎる」とケンカになったとか。その邦人は「ほかに良い銀行がないものか?」と探しているが、悲しいことに、どこも似たり寄ったり…。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年5月23日 大耳小耳  6月2日に「健康体操の日」「協会創立13周年」フェスティバルを主催するブラジル健康体操協会は、日本のNPO法人「全日本健康音楽研究会(齋藤千代子会長)」の伯国支部だ。これは中高齢者の健康増進を目的に、童謡やよく知られた楽曲に合わせストレッチ体操や気功体操を行うもの。ストレッチ […]
  • 大耳小耳2019年5月11日 大耳小耳  第442部隊は「テキサス大隊の救出」で救出した直後、当然のことテキサス大隊は抱き合って喜んだ。だが同大隊のバーンズ少佐が軽い気持ちで「ジャップ部隊なのか」と言ったため、第442部隊の少尉が「俺たちはアメリカ陸軍442部隊だ。言い直せ!」と激怒して掴みかかり、少佐は謝罪して敬礼 […]
  • 大耳小耳2019年4月25日 大耳小耳  日毎叢書企画出版(前園博子主宰)による『楽書倶楽部』第47号が4月に刊行された。冒頭には、ほんのり初恋のほろ苦さが漂う移民ならではの短編ロマンス「再会」(広川和子)。本紙でもおなじみの毛利律子さんによる「見直したい、美しい日本語(1)」も考えさせられる一文。「ありがとう」は漢 […]
  • 大耳小耳2019年2月9日 大耳小耳  本日1面には内閣府から「日・ブラジル首脳会談」という政府広告が掲載されている。このような日本政府の広告はとても珍しく、安倍総理が来伯してから始まった。「ブラジル日系社会の皆さんに、直接に報告したい」という総理の熱意の表れの一端ではないかと思われる。しかも今回のものは、短いなが […]