ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年1月25日

 コシノジュンコさんが企画した「かたつむりアート」。在東京ブラジルのマルコ・ファラニ総領事の依頼で、群馬大泉町のブラジル学校の子どもたちも参加することに。「ポルトガル語も話せない子どもたちだが、絵だけでも里帰りをさせたい」との思いがあったとか。それでも描かれた絵には、コシノさんが「熱いラテンの血」を感じたというから、民族の血は侮れない。

   ◎

 コッパ・サンパウロ(サンパウロ市杯)の決勝戦サントス対コリンチャンスがサンパウロ市誕生記念日の25日に行われる。外国勢として決勝リーグ初進出を果たした「柏レイソル」は、第1戦で0対4でサントスに惨敗し、32強で終わった。もし柏のクジ運が良くて、サントスかコリンチャンス以外と対戦していれば、もう2、3回戦勝ち進めた可能性が大だ。事実、初戦で柏と1対1で引き分けたサンパウロは、決勝リーグ1回戦でナショナルを5対1で下し、ブラジリアと1対1(ペナルティ・キック戦4対2)で勝ち、8強戦まで進出してアトレチコMGに5対1で惨敗した。来年も日本勢の参戦、さらなる活躍を期待したいところ。

     ◎

 W杯での安全対策が練られる6団体会議だが、サッカー日本代表に対して空港出迎えや、歓迎会の開催、試合中継の観戦イベントも実現可能に思えるが、現在は議題に挙がっていない。あくまで「緊急事態における指南」という方向性だ。2006年のドイツW杯では、日伯戦が実現したこともあって、当時の文協副会長である小川彰夫氏が呼びかけ、文協体育館で約500人を動員し観戦会を行っている。「来伯した日本人を、無事に日本に帰す」という考え方が第一としても、もっと日系社会をアピールするような企画案が生まれないものか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年3月28日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月28日  27日付本紙でも報じた、今年2月のサンパウロ市での強盗事件の急増だが、サッカーW杯の会場となるイタケロン・スタジアム周辺地区での犯罪急増が目立つという。同スタジアムに近いパルケ・ド・カルモでは、強盗が昨年同月比で82%、自動車強盗が59% […]
  • 東西南北2014年1月21日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年1月21日  本紙でも連日報じている、ショッピングでの不法ファンキ・イベント「ロレジーニョ」に関連した被害が先週末、サンパウロ市、そしてリオの高級ショッピングに及んだ。サンパウロ市西部のショッピングJKイグアテミは18日、ロレジーニョ開催を求めて抗議す […]
  • 盛衰激しいサンパウロ4強=サッカーチームの近況占う2013年8月31日 盛衰激しいサンパウロ4強=サッカーチームの近況占う ニッケイ新聞 2013年8月6日  ブラジルの国内サッカーは、いわゆる「12強」と呼ばれるクラブが人気、実力共に市場を独占している状況だ。中でも「サンパウロ州4強」と呼ばれるコリンチャンス、サンパウロ、パルメイラス、サントスの4チームはいずれも国内で上位の人気を誇り、動向が気に […]
  • 2013年8月30日 来たる!ワールドカップ=開催12都市を簡単に紹介=(12)サンパウロ ニッケイ新聞 2013年8月30日  ブラジル最大、かつ南半球最大のメガシティ、サンパウロ。南東部サンパウロ州の州都で、人口は1100万人以上、高層ビルが立ち並ぶ大都会だ。世界各国から大企業や金融機関などが多数進出し南米の経済の中心地でもあるこの街は、ヨーロッ […]
  • 東西南北2013年7月31日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年7月17日  きょう17日は、サッカーで重要な試合が二つある。ひとつは南米一をかけたリベルタドーレス杯の決勝戦第一試合のアトレチコ・ミネイロ対オリンピア(パラグアイ)戦。ミネイロはベルナールらコンフェデ杯代表選手3人を擁する強豪だが、代表入りを逃したエー […]