ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年7月23日

 日本祭りで「日本列島食べ歩き」を企画したエムアンドエムの佐々木正光社長。今回は時間的な制約もあり出品数は少なかったが、間に合うよう空輸で運んだため高くついたようだ。本来県連が率先しても良いくらいの企画だが、空輸賃は同社長持ち、ブース代の請求書まで来たと聞いてびっくり。請求書は取り消されたものの、佐々木社長に丸投げなのはいかがなものか。ビジネスではあるが、こうした協力の後押しを主催団体がしてもいいはず。来年の成功を祈るばかり。
     ◎
 マルシアの公演後、生の声を聞くべく、舞台をマネージするケンブリッジ・コンサルタントの担当者に取材希望の旨を伝えると「公演後すぐは、彼女も疲れているから無理」。一言でも構わないと懇願しても冷たくあしらわれた。ところが、別の若い親切なスタッフの協力もあり、同社の河野賢二代表に直接お願いしたところ、快諾。対応の違いに戸惑わされた。件の担当者とは何度も関連記事の掲載についてメールのやりとりをしており、信頼関係を築けていると思っていただけに残念。
     ◎
 多くの演目が行われ、盛況に終わった日本祭り屋外メインステージ。一方で、全く日程表通りに進まないことには不満が残った。10分や20分程度であればいざ知らず、土、日曜とも最終演目の開始は2時間以上も遅れていた。20分の舞台時間しか与えられていないはずが、準備も含め40分近くステージに立っていたグループもあり、出演者と運営側の意思疎通が出来ていないのでは、との疑問も浮かぶ。来年はぜひ改善を期待したい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2018年6月29日 大耳小耳  日伯文化連盟(アリアンサ、大城幸雄理事長)が同ピニェイロス文化センター(Rua Deputado Lacerda Franco, […]
  • 大耳小耳2017年4月7日 大耳小耳  4日付本面「5県人会の第22回屋台祭り」の記事中に誤りがあった。滋賀県人会が出すのはてっきり「近江肉うどん」かと思っていたら、本当は「関西風しょうゆラーメン」だそう。20レで販売する。サンパウロ市のラーメンブームに新しく関西風が参入だ。レストランの料理は一年中食べることができ […]
  • 大耳小耳2018年4月19日 大耳小耳  サンパウロ州パウリスタ線の中心都市にあるマリリア日系文化体育協会(シミズ・ケンイチ会長)が主催する「第16回ジャパン・フェスチ」が、19、20、21、22日の4日間、同協会(Av. Benedito Alves Delfino, […]
  • 大耳小耳2016年9月13日 大耳小耳  「ウチナーンチュの心」を次代に伝えるための日ポ両語の同人誌『群星』第2巻が、ブラジル沖縄県人移民研究塾(宮城あきら塾長)により7月に発刊された。9月20日にその合評会が予定されていたが、大事な有志、高安宏治さんが入院・手術中ということもあり、延期になった。高安さんは、本紙6面 […]
  • 大耳小耳2017年2月14日 大耳小耳  国際交流基金は、16日午後7時から、サンパウロ市の三重県人会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]