ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年7月23日

 日本祭りで「日本列島食べ歩き」を企画したエムアンドエムの佐々木正光社長。今回は時間的な制約もあり出品数は少なかったが、間に合うよう空輸で運んだため高くついたようだ。本来県連が率先しても良いくらいの企画だが、空輸賃は同社長持ち、ブース代の請求書まで来たと聞いてびっくり。請求書は取り消されたものの、佐々木社長に丸投げなのはいかがなものか。ビジネスではあるが、こうした協力の後押しを主催団体がしてもいいはず。来年の成功を祈るばかり。
     ◎
 マルシアの公演後、生の声を聞くべく、舞台をマネージするケンブリッジ・コンサルタントの担当者に取材希望の旨を伝えると「公演後すぐは、彼女も疲れているから無理」。一言でも構わないと懇願しても冷たくあしらわれた。ところが、別の若い親切なスタッフの協力もあり、同社の河野賢二代表に直接お願いしたところ、快諾。対応の違いに戸惑わされた。件の担当者とは何度も関連記事の掲載についてメールのやりとりをしており、信頼関係を築けていると思っていただけに残念。
     ◎
 多くの演目が行われ、盛況に終わった日本祭り屋外メインステージ。一方で、全く日程表通りに進まないことには不満が残った。10分や20分程度であればいざ知らず、土、日曜とも最終演目の開始は2時間以上も遅れていた。20分の舞台時間しか与えられていないはずが、準備も含め40分近くステージに立っていたグループもあり、出演者と運営側の意思疎通が出来ていないのでは、との疑問も浮かぶ。来年はぜひ改善を期待したい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • あけましておめでとうございます2019年1月8日 あけましておめでとうございます  ニッケイ新聞読者の皆様、あけましておめでとうございます。  旧年中はブラジル日本文化福祉協会およびブラジル日本移民110周年記念祭典委員会に対し、温かいご理解ご協力を頂き、誠にありがとうございました。  昨年は、ブラジル日本移民110周年を記念する祭典がブラジル各 […]
  • インダイアツーバ日本祭り=4日間開催、1万2千人来場2018年11月9日 インダイアツーバ日本祭り=4日間開催、1万2千人来場  サンパウロ州インダイアツーバ市内のイベント会場で10月11から14日の間、『第3回インダイアツーバ日本祭り』が開催され、約1万2千人の来場者を記録した。インダイアツーバ日伯文化体育協会(Acenbi)とタサ・エヴェントス社の共催。  祭りでは芸能発表やワークショップ […]
  • 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも2018年11月2日 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも  若干22歳、初出馬でなんと46万5310票も集めて連邦議員にみごと当選した話題の日系人、キム・カタギリさん(22、三世)を10月24日に取材した。サンパウロ州選出の連邦下議の中では4番目だ。このような新しい〃大波〃によって下院議員全体の3分の2が入れ替わった。ジョルナ […]