ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ロナウジーニョが逆襲!=Aミネイロの南米制覇で

こちらの記事もどうぞ

  • U17W杯=ブラジルはマリを降し3位=黄金世代確保に必死の各クラブ2017年10月31日 U17W杯=ブラジルはマリを降し3位=黄金世代確保に必死の各クラブ  10月にインドで行われたサッカーU17W杯で、ブラジルは準決勝でイングランドに敗れたが、その後3位決定戦でマリに勝ち、3位となった。  優勝こそ果たせなかったが、「久々の黄金世代」と称されるタレントたちの確保のために、各チームが必死になっているという。  この大会には、南 […]
  • リベルタドーレス杯=Aミネイロが初の南米一=創設105年で悲願叶う=劇的な逆転につぐ逆転優勝2013年7月31日 リベルタドーレス杯=Aミネイロが初の南米一=創設105年で悲願叶う=劇的な逆転につぐ逆転優勝 ニッケイ新聞 2013年7月26日  24日に行われたサッカーのリベルタドーレス杯決勝で、アトレチコ・ミネイロはオリンピア(パラグアイ)をPK戦の末下し、クラブ創設105年にして初の南米一の栄冠を手にした。25日付伯字紙が報じた。 […]
  • サッカー王国復活への道=新世代で18年W杯優勝へ=現セレソンが無敵な真の理由2017年6月24日 サッカー王国復活への道=新世代で18年W杯優勝へ=現セレソンが無敵な真の理由  あの悪夢の「ドイツ戦1―7敗戦」も今は昔――。セレソンは雪辱を期す2018年W杯ロシア大会のための南米予選を、世界の他の国に大幅に先駆けて制覇して、3月の時点で本大会出場を確定した。昨年9月就任のチッチ新監督は就任以来、南米予選を全勝で飾ったことで「チッチ効果」とも呼 […]
  • コラム 樹海2013年11月30日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年11月8日  W杯を来年に控え、今年のサッカー界は「天国と地獄は隣りあわせ」を地で行く展開だ。例えば昨年末に日本で開催されたクラブチーム世界一決定戦で見事な粘り勝ちを見せたコリンチャンス。昨年はチテ監督の情熱的な指導の下、スター選手不在でもチームワークを […]
  • 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と2019年1月9日 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と  現在のブラジルサッカー界は、まだシーズンオフだ。だが、各州の選手権やリベルタドーレス杯が本格化しはじめるまでのこの束の間の間こそが、フロントにとっては最も忙しい時期となる。向こう1年間の戦力補強のための貴重な時期だからだ。ここでは、ブラジルリーグで目立つ補強についてみていく。 […]