ホーム | 日系社会ニュース | 日本館の〃お色直し〃を=中島氏「誇りもって取り組む」

日本館の〃お色直し〃を=中島氏「誇りもって取り組む」

ニッケイ新聞 2013年7月26日

 【既報関連】株式会社「中島工務店」(本社岐阜)の中島紀于代表が17日、「松」工務店の宮大工・松下智廣さん(41、兵庫)、シロアリ駆除等を請け負う株式会社「ピコイ」の神成泰孝さん(37、秋田)と来伯、現在イビラプエラ公園内の日本館の修復作業を行っている。
 同社は、日本移民80、90周年にあたる1988、98年に同施設の補修工事を請け負っており、今回が3度目の施工となる。
 松下さんは宮大工歴19年を誇り、過去には大阪の四天王寺や奈良の正倉院の修繕作業にも参加した。「これだけ遠くから呼んでもらった。その熱意に応えたい」と意気込む。
 長野・善光寺での作業に携わるなどの実績を持つ神成さんも「個人、会社の両面で初めての海外での仕事となる。現地の方々と協力しながら、しっかりと良いアドバイスをしたい」と話した。
 中島代表は「日本でも有数の専門家たちを連れてきた。貴重な文化財を守るために、誇りを持って取り組みたい」と力を込めた。一行は29日まで滞在する。

image_print

こちらの記事もどうぞ