ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年7月26日

 「生まれて初めてあんな光景を見ました。みんながね、泣きながら盆踊りを踊るんですよ。やっぱり相馬盆唄だって」。県連被災地招聘事業の講演会の中でも、天野和彦さん(福島)の次の話はとても印象的だった。原発事故により「浜通り」と呼ばれる海岸地帯住民は、福島市内の巨大な施設に移転させられ、2500人以上が肩を寄せ合って半年も暮らした▼そこから仮設住宅に移る直前、ある被災男性が「バラバラになる前に、一回でいいから、最後にみんなで相馬盆唄を踊りたい。太鼓を貸してくれ」と天野さんに頼みにきて実現し、冒頭の光景となった。相馬盆唄は浜通り独特の盆踊りだそうだ。そんな話に、会場からはすすり泣く声があちこちから聞こえた。失われた故郷への〃郷愁〃——どこか移民の気持ちと共通する部分がある▼93歳で被災した老婆が「お墓に避難します」との遺言を家族に残して自殺したとの話も衝撃的だった。原子力災害で住めなくなった故郷から避難する家族の足手まといにならないように——という気持ちからだったという。あまりに悲しい逸話だ▼多くの来場者からは「生の体験談は、テレビとはぜんぜん違う」という声が聞かれた。復興の目処が立つまで「被災地を心の片隅に置いておく」ために毎年招聘したらいいのではないか▼ただし、2週間も地元を留守にするのは難しいだろうから、10日以内に短縮し、人数を2人に減らして一人当りの講演時間を長くし、各地で講演してもらったらどうか。ポ語通訳付きであり、一般社会向けにも開催してほしい、とても意義深い講演会だ。今後の日系団体のモデルといって良い事業ではないか。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 今のブラジルを、東京五輪直前の日本に置き換えたら?2016年8月5日 今のブラジルを、東京五輪直前の日本に置き換えたら?  「ブラジルの政治は、何が何だかよく分からない」。五輪取材に日本から特派された記者の多くは、そう首をかしげる。そこで現在のブラジルの状況を、ムリヤリに東京五輪時、4年後の日本に置き換えてみた。これは全て架空であり、どれほど今のブラジルが大変な状況かを理解してもらうための、単なる […]
  • 3・11と日本の〝大本営発表〟体質2016年3月10日 3・11と日本の〝大本営発表〟体質  5年前の3月11日朝7時、いつものようにグローボ局ニュースをつけると、大津波の映像が流され「まるでSF映画だな」と客観的に見入っていたら、日本だった。驚いてネットで確認し衝撃を受けた。さらに翌日、グローボは原発爆発の映像を放送し、炉心溶解に言及していた。それを見て頭の中は大混 […]
  • コラム 樹海2013年2月16日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年2月16日 […]
  • コラム 樹海2013年5月29日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年5月29日  経済記事を読んでいて、ふと疑問に思うことの一つが人口問題だ。資本主義経済では人口が増えないと市場が拡大しないから、日本のように減少に転ずると明るい将来がないかのように語られ始める。これはどこかオカシイ▼地球上の資源は有限であり、特定の生物だ […]
  • コラム 樹海2013年6月29日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年6月29日  教育と医療改善、減税やW杯への過剰? 投資の是正を求める国民デモが125万人規模にも膨れ上がり政府も困惑しきっている。大統領は訪日を中止、全国の知事を招集して対策を協議するなど対策を捻り出そうと一所懸命ながら、国民の怒りは治まりそうもなく、 […]