ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年7月27日

 鯉のぼりを五輪のマラソンではためかせたいと張り切る徳永深二さんとともに、普段から仕事で取引がある雛人形や五月人形などを製造する株式会社東玉(さいたま市)の椿眞常務取締役(62)も、日本製で高品質の雛人形や五月人形を当地で販売できる可能性を探るべく来伯した。「まずは需要があるかどうかを調べたい」。日系社会に新たな市場を見出したい考えだ。
     ◎
 「日本人から、よく『ボサノバを聴ける場所を教えて』と聞かれる」と歌手の青木カナさん。彼女によれば、日本ではボサノバを聴けるバーやライブハウスが結構ある。当地にも10年ほど前は多かったが、徐々に消えていったとか。今回実施する即興ライブは、懐かしいブラジル音楽を聴けるチャンス。通常、生ライブは最低でも25レアル、有名人になると2百レ程度もかかるので、10レアルと安価なのも魅力。
     ◎
 第二次大戦中、米国で強制収容された広島市出身の日系人の子孫らが23日、広島県立美術館を訪れた。中国新聞が報じた。同館は現在「尊厳の芸術展」を開催しており、厳しい収容所生活の中で日系人が作った芸術作品や、使用した家具など百点を展示している。紙やすりの代わりに割れたガラスの粉で磨いた木彫りのダルマやライオンなど、参加者らは親や祖父母が作った作品に見入ったとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年11月23日 大耳小耳  ブラジル高知県人会は今週の日曜日に、フェイジョアーダの食べ放題が楽しめる「フェイジョアーダの日」を開催する。日系社会でよく言われるのが「日系団体の婦人部が作る日本食は、家庭的で日本料理店に勝るくらいおいしい」ということ。彼女らの料理は慣れ親しんだ「おふくろの味」。今回は日本食 […]
  • 大耳小耳2019年10月15日 大耳小耳  ブラジル生活必携の書『楽々サンパウロ』の最新刊(19―20年版、コジロー出版、228ページ、110レアル)が発売された。サンパウロ市のフェイラ、レストラン、観光情報から、医療や住居など生活インフラに関するものまでに役立つ情報が満載。サンパウロ市の日系書店などで販売中。郵送での […]
  • 大耳小耳2019年9月21日 大耳小耳  5月16日に来伯してブラジル中を飛び回り、パラグアイでも歌声を披露している歌手中平マリコさんだが、10月6日に帰国する予定。1日に開催された「第5回さぁ~始めよう」はもちろん、県連日本祭り、アマゾン移住90周年記念行事への出演、日系福祉施設の巡回公演など精力的に飛び回り、そこ […]
  • 大耳小耳2019年9月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』478号が8月に発行された。《母の日や誤字も嬉しき子の便り》(モジ=幸村みさを)には思わず共感。日本語で書こうとしてくれた子の気持ちだけでも嬉しい。《蘭園や花の浄土もかくあらん》(モジ=佐々木君代)という作品からは、馥郁たる匂いまで漂ってきそう。《英語多き母国誌に […]