ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年7月30日

 世界180カ国の信者が集まったカトリックのワールドユースデー(JMJ)が終わったが、初の国際イベント参加のフランシスコ法王が先々で慣例を破る姿は、従来の法王のイメージとの違いとブレのなさを印象付けた▼就任直後に専用車の防弾ガラスを外す、質素倹約の精神で金の装飾品や赤い靴は使わず、銀の飾りと枢機卿時代と同じ黒靴、法王専用の居室に移らず法王選挙(コンクラーヴェ)の時に他の枢機卿と泊まった所に今もいるといった話が聞こえていたが、この姿勢は来伯中も不変だった▼ローマから来る時も帰る時もブエノスアイレス時代から愛用している黒いカバンを自ら手に提げてタラップを上り、巡礼者が差し出すクイアでシマロンを飲む事2度、常に笑顔で子供達を受け入れて口付けし、車椅子の人や高齢者に専用車を降りて挨拶▼来伯初日の渋滞で人々が周りに押し寄せた時も、「神の定めた時が来なければ死なない」し、(死ぬ)時が来たとしても神の計画なら恐れる必要はないと考えた法王。次回JMJは16年にポーランドでと発表した時の同国からの巡礼者達の喜びようは、〃この〃法王を迎えられるという喜びで増幅されたのだろう▼リオ市ではJMJ中もデモが続き、巡礼者に野次を飛ばしたり会場に押しかけたりしたデモ参加者もいたが、残念ながら、デモで叩かれる政治家達の姿は一貫性とはほど遠い。政治家には珍しくパエス市長が「27、28日の会場の急な変更は自分の責任」と発言したが、カリスマ法王の滞在は国民投票より効果的との評や、法王は多くの人の心を一つにし、最初の奇跡を起こしたとの言葉に思わず納得!(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 愛読者の皆さまに感謝の一年!2019年12月24日 愛読者の皆さまに感謝の一年!  2019年は読者の皆さんにとって、どんな年だっただろうか?  昨年末にサンパウロ新聞が廃刊したことの余波が、繰り返す波のようにいろいろな場面で押し寄せてきた。取材依頼が例年以上に多いと感じたのは、その一例だ。  年明けに400人ほどのサ紙読者が弊紙に移ってきてくれた。別の […]
  • ブラジル・メディアが報じたがらない不都合なニュース2019年12月20日 ブラジル・メディアが報じたがらない不都合なニュース  今年最後の当コラムということで、コラム子が個人的に気になっているニュースについて語ることにしよう。  それは、パラナ州検察局のリーダー格の人物、ジャヌアリオ・パルード氏に収賄疑惑が2件、立て続けで報じられたことだ。パルード氏は同検察局のラヴァ・ジャット(LJ)作戦主 […]
  • 森林伐採削減にセラードの例生かせぬか2019年12月19日 森林伐採削減にセラードの例生かせぬか  マドリッドでの気候変動枠組条約締約国会議の最中、持続可能な開発のためのブラジル企業審議会が「ブラジルはカーボン市場を一つの機会としてみる必要がある」として、連邦政府に柔軟な姿勢をとるよう求めた。自国では温室効果ガス排出量削減が困難な先進国が排出量削減に繋がるプロジェクトなどを […]
  • たった18年でブラジル最大の証券ブローカーを作った天才実業家2019年12月17日 たった18年でブラジル最大の証券ブローカーを作った天才実業家 「XPの旅路」は、どこに向かっているのか?  「僕らの旅路は始まったばかりだ」――ブラジル最大の証券ブローカー「XP Investimentos」(以下XP)の共同創業者、ギリェルメ・ベンチモル氏(Guilherme […]