ホーム | 連載 | 2013年 | ブラジル文学に登場する日系人像を探る 10=中里オスカル=ジャブチ受賞『NIHONJIN』=中田みちよ | ブラジル文学に登場する日系人像を探る 10=中里オスカル=ジャブチ受賞『NIHONJIN』=中田みちよ=(4)=戦時下でも日本精神滋養

ブラジル文学に登場する日系人像を探る 10=中里オスカル=ジャブチ受賞『NIHONJIN』=中田みちよ=(4)=戦時下でも日本精神滋養

ニッケイ新聞 2013年8月3日

 ここでは親に逆らう罰として「ヤイト」がすえられます。アハハ・・・お灸ねえ。お灸で思想的なものが変えられるなら、世の中、苦労しないんじゃないんですか。ハハハ。しかし、実際にはこうした罰を与えられた人が結構いるようです。鍼灸師からきいた話ですが、親から罰としてヤイトをすえられた痕跡が患者さんの身体にはよくみられるそうですからね。
 父親は息子の背中に玉をいくつか乗せると、線香で火をつけた。ハルオは線香の熱さが肌に近づくのを感じたとき、学校の友達には絶対知られてはならないと思った。そのうちモグサにつぎつぎ火がつけられて、ハルオは背中をこわばらせた。モグサが焼けていくにつれて皮膚もじりじり焼けた。ハルオはヤイトがその目的を果たせないように、心を硬くして耐えた。ヤイトが灰だけになると、秀雄は背中を入念に拭ってやりながら、「ハルオ、日本人にならなければならんぞ」
 父親は「謹慎」を言いわたし、ハルオは家から追い出されます。何というか、キンシンという言葉、それもローマ字つづりの「kinshin」にはビックリしました。というより、一瞬何のことか分かりませんでした。ブラジルの農村でいき続けていたんですねえ。まあ、父親としては倉庫で寝ればいいと考えたんでしょうが。ハルオは予想外の行動に出ます。
 子どもはいつも親の意表をつくものなんです。家出を考えて、最初日本人の友だちを訪ねていって、父親同士の面子はつぶせないと断られ(日本人のやりそうなことだと苦笑)、ピエトロというブラジル人の同級生の家で保護されます。ブラジル人の常識では、子どもを家から追い出す親など考えられない。想定外のことなんです。我が家でもお父さん、しょっちゅう、「お前みたいなもん、出て行け」とやりました。成長した子どもたちは、親しか頼れない子どもには絶対いってはならない言葉だと述懐していますが、お父さんは馬耳東風、痛痒を感じないようです。
 戦争が始まり、日本語教育が禁止され、学齢期の子どもたちは、かくれて勉強しました。日本語は日本精神を涵養するものですから、ね。
 秀雄はボランテイア教師として訓えていた。政府によって日本学校に行くことを禁じられた子どもたちが、ガイジンのように育ってもらっては困るのだ。足を忍ばせて警官が近づき、板の隙間から覗き見すると、子どもたちが座って真剣に、熱心に先生のいうことを聴いていた。「日本人たちを洗脳しているんだ」と警官の一人がいった。子どもがこんなに行儀いいはずがない。男たちがなだれ込むと、秀雄は抵抗もせず、子どもたちには罪がないといい、密告したのは誰かと訊いた。もちろん、警官たちは答えない。子どもたちのノートと先生の本2冊を押収した。
 軍服の男たちは、ノートや本のページを破り、道に小さな紙の山を作ると火をつけた。子どもたちは声もなくそれを見つめていた。
 子どもたちは成長し、田舎から出てきた秀雄はコンデ街でバザールを開き(4章)、長女のスミエは店番を手伝っています。バザールではいやなガイジンの嫌がらせが語られます。
 気取って道をゆく一人の痩せて背の高い、エレガントな洋服を着たが男がだまったまま客のように店に入ってきた。しかし、その目つきや態度から買い物にきたのでないことがすぐ分かった。隅から隅まで眺めまわし、小物をとりあげては、まるで黴菌の感染をおそれるようにすぐさま棚に戻すのだった。扇子をとりあげて開くと、わざとらしく目を凝らして、書かれている文字をみた。
 それから低い声で、とはいうけれど、周囲のみんなに充分聞こえるような声で、「こんな、落書きは禁止しなければならん。ここは日本じゃないんだ」。注意しながらみていた秀雄は近づくと、
「何かご用ですか」
 男は刃のような視線を向けた。
「見ているだけだが・・・イカンかね」
「いえ、それはもう・・・」
 男はまた視線を扇子に戻した。
 「わしは、政府はこんな落書きは禁止しなければならんといっていたんだ」
 秀雄は出ていってくれと頼み、男は、客としてここにいる権利があり、出て行かないといった。しかも、住んでいるのはブラジルで、さらに店は、マノエル・デ・ノブレガやアンシェッタというイエズス会の僧が創立したサンパウロ市にある。さらにいえばイエズス会僧はポルトガル人で、日本人がブラジルの地に店をもてるように、純正なブラジル人である自分は、店にとどまる権利があるはずだ。(つづく)



image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ≪記者コラム≫コロナ世界大恐慌の日系社会を回顧、新年を展望2021年1月5日 ≪記者コラム≫コロナ世界大恐慌の日系社会を回顧、新年を展望 「コロナ世界大恐慌」的様相を呈した2020年  「自分が生きている間に、こんなひどいことが起きるなんて想像もできなかった」―パンデミックの間、編集部に電話をくれたたくさんの読者と話をしていて異口同音にこの台詞を聞いた。読者の大半は80代、90代だから、昨年我々はどれだけ特殊な […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • 「日本人は頭が良い」は本当か=生まれつき、それとも環境=サンパウロ市在住 駒形 秀雄2018年2月15日 「日本人は頭が良い」は本当か=生まれつき、それとも環境=サンパウロ市在住 駒形 秀雄  私が子供の頃は「日本人は頭が良い」と聞かされ、何となくそう思っていました。そう話した大人たちも、多分はっきりした根拠は無かったが、自分の周辺や外の外国の情報などが十分に伝わらない中で、そうだと思っていたのでしょう。  終戦から昭和20(1955年)年頃までは、一般の […]
  • カラグア日本祭りで熱唱する大野敬正さん2014年1月24日 伝統と現代、日伯が融合=津軽三味線奏者 大野敬正さん初来伯=ガイジン戦隊と共演 ニッケイ新聞 2014年1月24日 「伝統音楽を守りながら伝統音楽を壊す」をモットーに、世界で活躍する津軽三味線奏者の大野敬正さん(38、新潟)がこの度初来伯し、17日、サンパウロ州カラグアタツーバ市でバンド「ガイジン戦隊」が開催した『第1回カラグア日本祭り』に出演した。 […]