ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年8月7日

 援協新会員への割引制度が廃止された件で、5日に役員らから事情を聞いた。その際は本文と同様の内容だったが、その直後、坂和三郎副会長から「やっぱり、全会員に割引なしだった」との訂正が。「えらく話が違いますね」と笑いとばしたものの、翌日、今度は尾西貞夫地区委員長が「やっぱり、旧会員には割引ありだった」と再訂正。制度変更に踏み切ったものの、役員間の意思統一は不十分だったよう。援協、会員双方にとって最良の選択肢が見つかれば。
     ◎
 横浜市の海外移住資料館が発行する『海外移住資料館だより』によれば、群馬県大泉町に住む日系三世・平野パウロさんが、同町を「リベルダーデ東洋街の逆バージョンに」すべく奮闘している。幼少期を東洋街で過ごし、10歳で家族とともに渡日した平野さんは「リベルダーデという街が、ブラジル人が日本文化に興味を持つきっかけとなっているように、大泉も日本人とブラジル人の交流の場にしたい」と、ブラジル街を紹介する日本語のフリーペーパー「BemVindo! ブラジル街」を発刊している。インターネット版も(brasil-navi.net/sobre.php)あるので関心のある人はぜひ。
     ◎
 静岡県にある日本大学・国際学部とNPO法人インタクロス研究会が、日伯友好の証とし、伊東小室桜と河津桜をラーモス移住地に植樹することが決まった。アットエスが報じた。同研究会の理事長でもある福井千鶴教授が、ラーモス文協の役員と知り合ったことがきっかけ。同協会が計画中の、日本庭園風の公園整備に協力するという。同地で9月に開かれる桜まつりに合わせ、同教授のゼミ生17人が現地入りし、植樹する予定とか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ソサイチの大泉、初戦に快勝=関東リーグ制覇へ首位発進=サンパウロの国際連盟から祝辞も2017年1月13日 ソサイチの大泉、初戦に快勝=関東リーグ制覇へ首位発進=サンパウロの国際連盟から祝辞も  【既報関連】サッカー7人制競技「ソサイチ」で、日本国内初の総当たり戦「関東リーグ」が7日開幕した。ブラジル人を中心に構成された「ニューセントラル大泉」も参戦しており、4―0の快勝で好スタートを切った。また開幕式典では、サンパウロにある国際連盟から祝辞が寄せられ、大泉所属の […]
  • 『ふろんていら』50号に思うこと2016年11月15日 『ふろんていら』50号に思うこと  サンパウロ州アルミニオ在住の伊那宏さんが主宰する詩歌サロン『ふろんていら』が、記念すべき50号を9月に発行した。個人で年4回も定期刊行を続ける苦労は並大抵ではないだろうに、12年半も続いてきた。もちろん、伊那さんの志に賛同して投稿する人がいればこその快挙だ▼本人筆による一 […]
  • 大耳小耳2014年4月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年4月16日  在ブラジル特命全権大使に就任した梅田邦夫さん。これまでの赴任歴を尋ねると、実は各国の大事件のオンパレードだ。ペルー赴任は公邸占拠事件の直後だったし、ニューヨークの国連代表部にいた時は9・11事件が勃発し、中国公使時代はチベット暴動や毒入り餃 […]
  • コラム 樹海2014年4月3日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年4月3日  領土や歴史問題を巡り、日本と周辺諸国、在日外国人の間で不協和音が高まっている。先月末に本紙で紹介した川目武彦弁護士はそうした状況を危惧し、昨年、群馬県大泉町にポ語通訳を置いた法律事務所を開設した。様々なサービスから疎外されがちな在日外国人に「 […]
  • 川目武彦弁護士2014年3月28日 群馬県大泉町=法律相談始め反響広がる=川目武彦弁護士が来伯=「日本社会に溶け込んで」=当地弁護士との連携模索 ニッケイ新聞 2014年3月28日 元祖〃ブラジリアン・タウン〃群馬県大泉町に、ポ語通訳を置いた法律相談をする事務所が昨年11月に開設され、在日ブラジル人の間で反響を呼んでいる。日本でポ語の通訳を置いたサービスは全国的にも珍しい。同町に事務所を開いた弁護士法人「川目法律事務 […]