ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年8月23日

 岩手県人会55周年で来伯した達増拓也知事は、今後必要とされる支援として「実際に来てもらったり、気持ちのこもった贈り物や励ましの手紙をもらったりすること」だと指摘した。長引きそうな仮設住宅での辛い暮らしを支えるような「精神的な支援」が求められている▼県連主催の被災地招聘交流事業の講演会で、岩手県陸前高田市から来た大和田加代子さんが言った「被災地を心の片隅に置いて」という言葉が印象に残る。あの切実な話をノロエステやパラナなど地方在住者にも聞いてほしい。これは「日本とコロニアの絆を強める」意味でも重要な事業だと痛感した。ポ語通訳付きで二、三世、ブラジル人など多様な人に聞いてほしい▼新興国からできる支援などたかが知れているだろうが、達増知事が言うような「精神的な支援」ならある程度は可能だ。日本語学校などで被災地の仮設住宅での暮らしに関する実録ビデオを授業で見せ、生徒達に応援のメッセージを書いてもらい、福島、岩手、宮城各県人会を通して仮設住宅の住人に送ったらどうだろか▼他にも県人会や県連主催で「応援メッセージ作文コンクール」を実施しても良いのではないか。もちろん日本語センターと組む手もある。その優秀作品を掲載するためなら弊紙の紙面を提供してもいい。弁論大会のテーマを応援メッセージにするのはどうか。それをビデオに撮って県人会を通して母県に送ることも可能だろう▼手を変え品を変え「いつも心の片隅に置いている」という意志表示をしたいものだ。3・11を機にした新しい日本との〃絆〃を作ることは、むしろ我々自身にとって大切なことなのだから。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 岐阜県人会総会、24日2019年2月6日 岐阜県人会総会、24日  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中2019年1月11日 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中  「新ウチナー民間大使」の瀬名波美恵子さんが沖縄文化普及活動の一環として、2019年度文化カレンダー「ウチナーグアー」を製作した。全1000部。同民間大使とは、沖縄との懸け橋として海外で活躍することが期待される人を認証する県の制度。  ラジオ・テレビ・ニッケイのアナウ […]
  • ■今週末の催し2019年1月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  新春初生け、午後7時、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)、日曜は午前10時から      ◎  映画鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]