ホーム | 日系社会ニュース | ロンドンにブラジル人30万人?!=イシ教授「英国の伯系紙活況」

ロンドンにブラジル人30万人?!=イシ教授「英国の伯系紙活況」

ニッケイ新聞 2013年8月30日

 武蔵大学社会学部のアンジェロ・イシ教授(46、在日ブラジル人一世)が8月13〜15日にアルゼンチンのラプラタ国立大学で行なわれた「ラ米におけるアジア・アフリカ学学会」(ALADAA)に出席して在日ブラジル人に関する講演をした後、「在外ブラジル系メディアとブラジルの日系メディアの展望」調査をしに月末まで帰聖、その一部を語った。
 亜国の前に立ち寄った英国ロンドンでは、幾つものポ語新聞社を調査した。「ロンドン近郊で軽く10紙はある。しかも全部黒字で景気の良い話ばかり。編集長、経営者みな表情が明るい。日本のブラジル系メディアには感じられない活気があった」と振返る。08年の金融危機以降、在日ポ語新聞は広告が集まらず、次々に紙印刷版を廃刊した経緯がある。
 大ロンドン都市圏には〃ブラジル人街〃が形成され、「書類代行業者、引越し業者、レストラン、食材店、新聞社などが狭いエリアに集まっていて、まるで群馬県大泉町を髣髴とさせる」とイシさんは表現する。
 同教授の分析によれば、90年代には米国に不法滞在するデカセギブラジル人が圧倒的に多かったが、9・11NYテロ以降、締め付けが厳しくなった。その結果、「米国ほど厳しくない英国に多くが移り住んでいる」と見ている。さらに「ロンドン近郊だけで30万人もいるとの説すらある」と驚くような数字を挙げる。であれば、デカセギ全盛期の在日ブラジル人に匹敵する数がロンドン近郊に集まっていることになる。世界のブラジル人系メディアを通して、どんな国際人流が読み取れるのか。興味深い調査が進んでいるようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ざっくばらんに行こう!=日系社会面編集部座談会=さあ、どうなる?!=1年半後に迫った移民110周年2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=日系社会面編集部座談会=さあ、どうなる?!=1年半後に迫った移民110周年 【深沢】さて、今回のテーマは移民110周年。2018年6月18日まで、いよいよ一年半後に近づいてきました。でも、肝心の「110周年実行委員会」がまだできてないんだよね。 […]
  • 『ふろんていら』50号に思うこと2016年11月15日 『ふろんていら』50号に思うこと  サンパウロ州アルミニオ在住の伊那宏さんが主宰する詩歌サロン『ふろんていら』が、記念すべき50号を9月に発行した。個人で年4回も定期刊行を続ける苦労は並大抵ではないだろうに、12年半も続いてきた。もちろん、伊那さんの志に賛同して投稿する人がいればこその快挙だ▼本人筆による一 […]
  • 大耳小耳2014年4月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年4月16日  在ブラジル特命全権大使に就任した梅田邦夫さん。これまでの赴任歴を尋ねると、実は各国の大事件のオンパレードだ。ペルー赴任は公邸占拠事件の直後だったし、ニューヨークの国連代表部にいた時は9・11事件が勃発し、中国公使時代はチベット暴動や毒入り餃 […]
  • 大耳小耳2014年1月15日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年1月15日  日鉄住金ステンレス鋼管で働いていたデカセギの一人を、鹿田正人さんは直接尋ねた。すると「どんな企業よりも待遇が良かったと彼は言っていた。部屋もきれいで過ごしやすく、これ以上ない快適な労働環境が用意されたと手放しに喜んでいた。これほど感謝され […]
  • 2013年12月21日 救済会60周年と憩の園55周年 ニッケイ新聞 2013年12月21日 71年間も救済活動続け=戦中から邦人救護に専心  救済会の正式発足は1953年だが、その前身である「サンパウロ市カトリック日本人救済会」は1942年6月、戦争中にその活動を開始していた。コチア産業組合中央会のような食糧供給の国家的役割を担っ […]