ホーム | 文芸 | 刊行 | 刊行物『朝陰』

刊行物『朝陰』

ニッケイ新聞 2013年9月6日

 句集『朝蔭』8月号が刊行された。
 「雑詠 寿和選」から3句「共に老ゆ愛馬はげまし秋耕す」(中川千江子)「パンやれば我が家に住みつく寒雀」(星川としい)「昆布かと聞いて木耳箸のばす」(松下さつ子)、「あの恩人は今如何に」(秋村蒼一郎)ほか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • ピンドラーマ=1月号2019年1月9日 ピンドラーマ=1月号  コジロー出版のブラジル情報誌「ピンドラーマ」1月号が出版された。  「ブラジル面白ニュース」では、SECSP(サンパウロ商業組合)主催のパパ・ノエル養成講座を紹介。「摩訶不思議なブラジル経済」では、新大統領が就任したことによるブラジル経済の変化を予想。その他、グルメ、イベン […]
  • 日系文学、第60号刊行=笠戸丸表彰で3氏受賞2018年12月20日 日系文学、第60号刊行=笠戸丸表彰で3氏受賞  『ブラジル日系文学』第60号(発行者=武本憲二、編集者=中田みちよ)が11月に刊行された。  今号の特別寄稿には、「茶の湯―市中の山居」(林宗円)を掲載。外国文化を取り込み、独自の日本文化と昇華させた茶の湯の発展史を紐解いた。ブラジル政治雑談「ボウソナロ氏に決定」( […]
  • ピンドラーマ=12月号2018年12月12日 ピンドラーマ=12月号  コジロー出版のブラジル情報誌「ピンドラーマ」12月号が出版された。  「ブラジル面白ニュース」では、リオのカテドラル・メトロポリターナに設置された「ホームレスのイエス像」を紹介。「ブラジル社会レポート」では、ボウソナーロ新政権の見通しを展望した。その他、グルメ、イベント、求 […]
  • ピンドラーマ=11月号2018年11月17日 ピンドラーマ=11月号  コジロー出版のブラジル情報誌「ピンドラーマ」11月号が出版された。  各国の難民事情を描く「せきらら☆難民レポート」では、コンゴ民主共和国から伯国に来たプルデンスさんを取材。ミス・ビビレ(美女)・コンゴを受賞し、元モデルでもある同氏の伯国までの道のり、当地での生活を記した。 […]