ホーム | 文芸 | 刊行 | 『日本の年中行事』絶賛販売中=年中行事を網羅、丁寧な解説も

『日本の年中行事』絶賛販売中=年中行事を網羅、丁寧な解説も

本の装丁

本の装丁

 日本国の成り立ちから四季折々の年中行事にいたるまで、日本の文化や風習を纏めた一冊『日本の年中行事(Eventos anuais do Japao)』(赤嶺園子著、ポ語版)が販売されている。75レ。

 本書は、日本のすがた、年中行事、伝統文化の3編構成。「年末になぜ大掃除をするのか」「正月にお供えする鏡餅にはどのような願いが込められているか」など、日本人でも知っているようで実は知らない年中行事の意味について、その起源からやり方まで一つ一つ丁寧に紹介する。

 網羅しつつも簡潔にまとめており、子や孫にもお薦めの一冊。沖縄の文化や風習についても手厚く触れており、沖縄方言も載せられている。

 また、日本語学習者向けに『ひらがなとカタカナ』(赤嶺園子著)も刊行された。20レ。ひらがなとカタカナの成り立ちから、日本語能力試験2級レベルでも混同しがちな「は」と「わ」、「じ」と「ぢ」の使いわけ、長音や促音などについて纏められている。

 なお『日本の年中行事』(日語)も100レで販売中。お買い求めは、ニッケイ新聞編集部、太陽堂、フォノマギ書店まで。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「ポケットに辞書を」=栗原さんポ日辞典出版2016年2月19日 「ポケットに辞書を」=栗原さんポ日辞典出版  日伯文化連盟(アリアンサ)で30年以上、日本語教師を務めた栗原章子さんが先月、『ポルトガル語日本語小辞典』を出版した。教師時代、生徒から「ポケットサイズの簡単な辞書がほしい」との要望があり、かねてから発刊を望んでいたという。 日本語学習者からよく質問された言葉や、デカセギ向け […]
  • 「ぜひ各家庭に一冊置いて」と諸川さん2015年1月16日 冊子『日本人の特質』=1500部完売、増刷へ  ブラジル日本語センターの諸川有朋副理事長が執筆し、昨年9月に刊行したポ語の冊子『日本人の特質』(日語センター後援、20レ)だが、このほど初版1500冊が完売した。日本語学習者や日本に関心のある非日系向けに、日本人の心や文化、生活習慣をまとめた同書。反響の大きさ […]
  • 「日系・非日系問わず多くの人に」と薦める板垣さん(左)、諸川さん2014年9月6日 諸川有朋さん著『日本人の特質』=後世に伝えたい生活文化  ブラジル日本語センターの諸川有朋副理事長が、日本語学習者や日本に関心のある非日系向けに、日本人の文化や習慣をまとめた短本『日本人の特質』(ポ語)を刊行した。同センター後援。 諸川さんは「日系人約160万人の内、日語学習者は2万人ほどと見ている。世代交代が進み日本離れは顕著 […]
  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • サンタクルス病院で日本語講座=「おもてなし」130人が学ぶ2018年8月17日 サンタクルス病院で日本語講座=「おもてなし」130人が学ぶ  聖市のサンタクルス病院(石川レナト理事長)は6日から、職員を対象に日本語講座を始めた。日系人・日本人の患者のために日本語を習得することが目的。テーマを「おもてなし」とし、日本式の応対法も指導する。  講座のテーマは「おもてなし」。日本語学習を通じて日本式の応対法を指 […]