ホーム | 文芸 | 刊行 | 『日本の年中行事』絶賛販売中=年中行事を網羅、丁寧な解説も

『日本の年中行事』絶賛販売中=年中行事を網羅、丁寧な解説も

本の装丁

本の装丁

 日本国の成り立ちから四季折々の年中行事にいたるまで、日本の文化や風習を纏めた一冊『日本の年中行事(Eventos anuais do Japao)』(赤嶺園子著、ポ語版)が販売されている。75レ。

 本書は、日本のすがた、年中行事、伝統文化の3編構成。「年末になぜ大掃除をするのか」「正月にお供えする鏡餅にはどのような願いが込められているか」など、日本人でも知っているようで実は知らない年中行事の意味について、その起源からやり方まで一つ一つ丁寧に紹介する。

 網羅しつつも簡潔にまとめており、子や孫にもお薦めの一冊。沖縄の文化や風習についても手厚く触れており、沖縄方言も載せられている。

 また、日本語学習者向けに『ひらがなとカタカナ』(赤嶺園子著)も刊行された。20レ。ひらがなとカタカナの成り立ちから、日本語能力試験2級レベルでも混同しがちな「は」と「わ」、「じ」と「ぢ」の使いわけ、長音や促音などについて纏められている。

 なお『日本の年中行事』(日語)も100レで販売中。お買い求めは、ニッケイ新聞編集部、太陽堂、フォノマギ書店まで。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 楽しい日本語学習を提案=ブラジルかわいい大使 松田明美さん講演会2018年4月17日 楽しい日本語学習を提案=ブラジルかわいい大使 松田明美さん講演会  「ブラジルかわいい大使」の松田明美さんが先月28、29日、ブラジリア大学と連邦直轄区言語センター(CIL)セイランジア校にて「カワイイ文化と日本語の醍醐味」と題した講演会を行った。日本大使館、国際交流基金主催。日本文化や日本語に興味を持つ非日系人が、両日併せて200人 […]
  • 日本語教育=カンピーナス 鈴木マリア恵美子2015年9月23日 日本語教育=カンピーナス 鈴木マリア恵美子  8月26日(水)付のニッケイ新聞「オーリャ!」を興味深く読ませていただきました。「ブラジル人の友人と日本語・葡語の交換授業…互いの母語を教えあう…」とありましたが、「母語は話せても教えられない」というのが、かなしい現実ではないのでしょうか。 日本人でありながら、ブラジル人であ […]
  • 日本語学習に強力な味方=OJAD、南米で初講習=文章から音声を自動生成2015年8月13日 日本語学習に強力な味方=OJAD、南米で初講習=文章から音声を自動生成  サンパウロ大学(USP)や関係学会により、10~13日まで開催されている日本語教育に関する国際シンポジウム『EJHIB2015』の事前行事として日本語教師向けワークショップが9日、ニッケイパレスホテルであった。早稲田大学中川千恵子、東京大学大学院峯松信明両教授が講演を行った。 […]
  • 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から2015年7月29日 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から  日本語に関するシンポとしては過去最大規模という『EJHIB2015(継承語、アイデンティティ、バイリンガルの日本語教育に関する国際シンポジウム)』が8月10~13日まで、サンパウロ大学(USP)で開催される。 USPや関係学会により実行委員会が組織され開催に至った。案内に […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]