ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年9月6日

 岸田外務大臣に取材する中で「在日伯人コミュニティは、日伯を繋ぐ新たな絆だと考えている」とのコメントを聞き、〃新たな〃という言葉に違和感を覚えた。デカセギが始まって30年近い歳月が経ち、近年は震災や不況の影響でむしろ縮小が目立つコミュニティを指して使う言葉ではないように感じたからだ。少し捻くれた見方をすれば、これまでのその存在はないものの如く考えていることの表れのようにも感じられる。読者の皆さんはどう思いますか。
     ◎
 百周年記念誌発刊に加え岐阜県では様々な取り組みが行われているが、中でも岐阜市の国際交流センターが行う教師対象の「教材づくりワークショップ」が好評だという。朝日新聞が報じた。来年1月までの計4回の講座を通し、県内在住日系人への理解を深めるような独自の教材作りを学ぶのが目的だ。6月末に開かれた初回では沖縄県人の移住史について学べる教材を開発する「沖縄NGOセンター」から講師を招き、教員や日本語教育関係者など約20人が参加している。より良い学校教育や地域活動につながれば。
     ◎
 昨日の本紙7面で紹介した、歌手のつばささんの公演日程が分かった。9月28、29日=リオ▼10月5日=サン・カエターノ・ド・スール▼6日=ポルト・アレグレ▼12〜13日=フロリアノーポリス▼11月2日=ベレン▼3日=カンピーナス▼17日=ヴィトリア▼23、24日=サルバドール。詳細はカラーマークミュージック(music@acolormark.co.jp)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 大耳小耳2018年3月24日 大耳小耳  日本のブラジリアンタウンとして知られる群馬県邑楽郡大泉町のシンボル的存在だった「ブラジリアンプラザ」。その再建計画を実施するNPO法人交流ネットの林事務局長によれば、16年末までに改修再開店する予定だった同プラザだが、1階は再開店しているものの、ブラジル移住資料館を含む2階は […]
  • 大耳小耳2013年5月22日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年5月22日  群馬県大泉町で18日、日本人と日系ブラジル人の住民ら約30人が、共に道路清掃を行った。読売新聞が報じた。この取り組みは、1枚の割れたガラスを放置するとその周辺から治安が乱れ、やがて地域全体の治安が悪化するという米国の「割れ窓理論」をヒントに […]
  • 大耳小耳2013年8月31日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年8月14日  好評発売中のアマゾン入植80周年記念誌『アマゾン』(70レ)。本紙はじめ各地で販売しているが、まだ手に取っていない人も多いはず。今週末の18日(日)午前10時から開かれる「日本人の心の歌〜南の空の下で偲ぶ昭和の名曲〜」の会場となる文協大講堂 […]
  • 大耳小耳2013年12月11日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年12月11日  南米剣道連盟の岸川理事によれば、アジアの剣道事情は、現在、中国勢の台頭が著しいようだ。アジア規模の大会には中国人選手が半分を占めるほど普及しており、お隣韓国もまたここ数年で日本と肩を並べる実力を備えているよう。世界に目を向けるとアイスラン […]