ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年9月11日

 「剣舞の哲学を若者に理解させるのは難しい」と祥こう流のマルセロ楓さん。彼が教える生徒は皆30歳以下の若者ばかりだが、「人生は楽しむだけのものじゃない。尊厳、規律、専心が、人生の全ての面になければ」と熱心に指導をしているようだ。「正しくあることを教えるのが日本の芸術。だから完成はない」と、日本人よりも日本人らしいほどのマルセロさん。一世役員たちの期待を背負って普及にはげむ。
     ◎
 静岡県は、定期的に県の総合情報誌「ふじのくに」を編集部に送ってくれている。これまでは封筒に入ったものが届けられていたのだが、先日到着したのは、2100円分の切手が貼り付けられたしっかりとしたダンボール箱だった。「何を送ってくれたんだろう?」と、開封するといつも通りの「ふじのくに」一冊のみ。しばし腕を組んで理由を考えていたのだが、静岡出身の編集部員が「故郷の空気を送ってくれたんじゃないかな?」ということで一件落着。
     ◎
 浜松を拠点に活動する在日日系人団体「マイノリティー・ユース・ジャパン」のサイトによれば、名古屋入管は先月23日、2009年に日本政府が実施した帰国支援制度を利用して4年前に帰伯したカシワバラ・アリネさん(21、四世)に対し、在留資格を認定した。5月末に認可が下りたフテンマ・ジュリアネさんに続いて2人目。フテンマさんと同様、帰伯後に同制度を利用せず帰国した男性と結婚しており、再訪日を希望していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年4月25日 大耳小耳  日毎叢書企画出版(前園博子主宰)による『楽書倶楽部』第47号が4月に刊行された。冒頭には、ほんのり初恋のほろ苦さが漂う移民ならではの短編ロマンス「再会」(広川和子)。本紙でもおなじみの毛利律子さんによる「見直したい、美しい日本語(1)」も考えさせられる一文。「ありがとう」は漢 […]
  • 大耳小耳2019年4月16日 大耳小耳  5月1日の新天皇ご即位を祝した記念式典が、今月30日午後7時、文協多目的ホール(Rua Sao Joaquim, […]
  • 大耳小耳2019年4月12日 大耳小耳  BS朝日「皇室スペシャル」番組が、67年に聖市内のサンタ・カーザ病院を皇后陛下(当時、皇太子妃殿下)がご訪問された際に、出会われた芹口マリリ百合子さんを探している。芹口さんは当時10歳で小児麻痺を患っていたが、十数回の手術を受けて歩行を回復し、美容師として働けるまでになったと […]
  • 大耳小耳2019年3月2日 大耳小耳  生粋の伯人女性で自称“紙芝居おばさん ”ことフラビア・マリア・ウォルフォウィッツさんの「紙芝居お話会」(ポ語)が、9日午後2時、3時の二回に渡り、聖市のジャパン・ハウス(Avenida Paulilsta, […]