ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年9月11日

 「剣舞の哲学を若者に理解させるのは難しい」と祥こう流のマルセロ楓さん。彼が教える生徒は皆30歳以下の若者ばかりだが、「人生は楽しむだけのものじゃない。尊厳、規律、専心が、人生の全ての面になければ」と熱心に指導をしているようだ。「正しくあることを教えるのが日本の芸術。だから完成はない」と、日本人よりも日本人らしいほどのマルセロさん。一世役員たちの期待を背負って普及にはげむ。
     ◎
 静岡県は、定期的に県の総合情報誌「ふじのくに」を編集部に送ってくれている。これまでは封筒に入ったものが届けられていたのだが、先日到着したのは、2100円分の切手が貼り付けられたしっかりとしたダンボール箱だった。「何を送ってくれたんだろう?」と、開封するといつも通りの「ふじのくに」一冊のみ。しばし腕を組んで理由を考えていたのだが、静岡出身の編集部員が「故郷の空気を送ってくれたんじゃないかな?」ということで一件落着。
     ◎
 浜松を拠点に活動する在日日系人団体「マイノリティー・ユース・ジャパン」のサイトによれば、名古屋入管は先月23日、2009年に日本政府が実施した帰国支援制度を利用して4年前に帰伯したカシワバラ・アリネさん(21、四世)に対し、在留資格を認定した。5月末に認可が下りたフテンマ・ジュリアネさんに続いて2人目。フテンマさんと同様、帰伯後に同制度を利用せず帰国した男性と結婚しており、再訪日を希望していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年2月9日 大耳小耳  本日1面には内閣府から「日・ブラジル首脳会談」という政府広告が掲載されている。このような日本政府の広告はとても珍しく、安倍総理が来伯してから始まった。「ブラジル日系社会の皆さんに、直接に報告したい」という総理の熱意の表れの一端ではないかと思われる。しかも今回のものは、短いなが […]
  • 大耳小耳2019年2月2日 大耳小耳  公益社団法人「日本財団」は、世界各地域での若手日系人(18~35歳)を対象に、意識調査を実施している。同法人によれば、世界規模で日系人に関する意識調査が行われるのは初めて。日系人を「移住した日本人の子孫」と定義し、国策移住者の子弟のみならず、海外赴任や国際結婚により移住した日 […]
  • 大耳小耳2019年1月11日 大耳小耳  ジャパン・ハウスは、新展示「犬のための建設(Architecture for […]
  • 大耳小耳2019年1月10日 大耳小耳  俳誌『蜂鳥』344号が刊行された。《思ひ出せぬまま初夢の失せにけり》(富重かずま)は、皆に心当たりのある体験。《忘れてたお金見つかる春の服》(伊藤みち子)は、仕舞う前に洗濯をしていたら紙幣がバラバラになっていたかも。《春霞喉元過ぎてラヴァジャット》(高橋紫葉)では、春が来てポ […]