ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年9月14日

 日本は今が秋。山の幸も海の幸もいっぱいあり、しかも美味い。佐藤春夫は「あはれ 秋風よ 情あらば伝えてよ —男ありて 今日の夕餉に ひとり さんまを食らいて 思いにふけると」と「秋刀魚の歌」を詠み、学生の頃にちょくちょく通った寄席では落語の「目黒の秋刀魚」に笑い、武家社会の下らぬ仕来りを燻し銀のように批判する落語家の噺を肝にしっかりと打ち込んだりもした▼「荒海の秋刀魚を焼けば火も荒ぶ 瓜人」。秋刀魚は秋の味であり、塩を振って煙が朦朦と立ち上るのと闘いながら焼き上げたのが美味く、秋の夜空を眺めながらの口福は堪えられない。醤油と酒、味醂で煮込んだのもいいが、やはり塩焼きが一番。近頃は「刺身」があって人気が高いらしいけれども、まだ口にしたことはない▼筆者がその昔に移民船に乗り横浜港を解纜した頃には、今のような品質の良い冷蔵庫が普及していなかったし衛生上の問題があったのに違いない。さて、ブラジルにはない秋の味覚ながら—秋刀魚は9月に根室沖、10月には金華山沖,銚子沖は11月と南下し紀州沖にも到る。江戸時代には、下衆の食べる下魚とされ殿様や高禄の武士の食膳には乗らなかった▼ところがである。ある殿様(将軍徳川家光とする落語家もいる)が、目黒で食べた秋刀魚の味が忘れられないの噺が「目黒の秋刀魚」なのであり、先日、宮城・女川漁港に70トンが初水揚げされたそうである。あの脂の乗った魚体と鮮やかな銀色を思い起こすだけで胃の腑が泣く。そして七輪に炭を起こしての塩焼きの味が舌に広がる楽しみが何とも懐かしい限りである。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • TVドラマでも揺らいだモロへの信頼性2019年5月10日 TVドラマでも揺らいだモロへの信頼性  伯国でも世界有数に加入者の多い、映像配信サービス「ネットフリックス」では今日10日から、ペトロブラス汚職を暴くラヴァ・ジャット作戦を元にした伯国製作の連続ドラマ「オ・メカニズモ」の第2シーズンがはじまる。このドラマが、ラヴァ・ジャットの捜査員や同事件に絡んだ政治家など […]
  • 日常生活を通して伝わる文化2019年5月9日 日常生活を通して伝わる文化  スーパーで買い物中、狭い通路の先に日系人の婦人が立ち止まるのが見えた。通路に入って来られるようカートを止めると、「お先にどうぞ」と手招いてくれたので、お辞儀しながら通路を抜けたら、肩を叩かれ、「繊細ね~。日本人だわ」と言われた▼日本人なら、一旦止まって待つ事やお辞儀は当たり前 […]
  • 主権回復の4月28日は、沖縄には「屈辱の日」2019年5月7日 主権回復の4月28日は、沖縄には「屈辱の日」  「皆さん、今日4月28日が何の日か知っていますか?」―講演の冒頭で、山城千秋・熊本大学教授が聴衆に質問したが、誰も答えられなかった。ブラジル沖縄移民研究塾(宮城あきら代表)が主催する第1回文化講演会「沖縄産業開発青年隊が果たした歴史的役割」が本部講堂で行われた時の一幕 […]
  • ネイマール所属チームの“ぬるま湯”2019年5月3日 ネイマール所属チームの“ぬるま湯”  4月27日のサッカーのフランス杯決勝。敗れたPSGのネイマールは、彼曰く「暴言を吐いた」というファンを小突くという、サッカー選手としてあるまじき行為を行なった。この行為で彼は、同国での試合の出場の長期出場停止を噂されている▼既にセレソンの主力となって8年くらい経つネイ […]