ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年9月14日

 日本は今が秋。山の幸も海の幸もいっぱいあり、しかも美味い。佐藤春夫は「あはれ 秋風よ 情あらば伝えてよ —男ありて 今日の夕餉に ひとり さんまを食らいて 思いにふけると」と「秋刀魚の歌」を詠み、学生の頃にちょくちょく通った寄席では落語の「目黒の秋刀魚」に笑い、武家社会の下らぬ仕来りを燻し銀のように批判する落語家の噺を肝にしっかりと打ち込んだりもした▼「荒海の秋刀魚を焼けば火も荒ぶ 瓜人」。秋刀魚は秋の味であり、塩を振って煙が朦朦と立ち上るのと闘いながら焼き上げたのが美味く、秋の夜空を眺めながらの口福は堪えられない。醤油と酒、味醂で煮込んだのもいいが、やはり塩焼きが一番。近頃は「刺身」があって人気が高いらしいけれども、まだ口にしたことはない▼筆者がその昔に移民船に乗り横浜港を解纜した頃には、今のような品質の良い冷蔵庫が普及していなかったし衛生上の問題があったのに違いない。さて、ブラジルにはない秋の味覚ながら—秋刀魚は9月に根室沖、10月には金華山沖,銚子沖は11月と南下し紀州沖にも到る。江戸時代には、下衆の食べる下魚とされ殿様や高禄の武士の食膳には乗らなかった▼ところがである。ある殿様(将軍徳川家光とする落語家もいる)が、目黒で食べた秋刀魚の味が忘れられないの噺が「目黒の秋刀魚」なのであり、先日、宮城・女川漁港に70トンが初水揚げされたそうである。あの脂の乗った魚体と鮮やかな銀色を思い起こすだけで胃の腑が泣く。そして七輪に炭を起こしての塩焼きの味が舌に広がる楽しみが何とも懐かしい限りである。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《ブラジル》NHKのど自慢の決勝大会で優勝した平田ジョエが、日本でプロデビューしなかったワケ2018年11月27日 《ブラジル》NHKのど自慢の決勝大会で優勝した平田ジョエが、日本でプロデビューしなかったワケ  「日本で8万人の中からボクが1位に選ばれたんだ。生涯であれほどうれしいことはなかった。細川たかしから『プロにならないのか?』って聞かれたんだよ」――平田ジョエさん(51、三世)はまるで昨日のことのように1994年3月のことを思い出す。  クルツゥーラTV […]
  • チッチに「遊び采配」のすすめ2018年11月23日 チッチに「遊び采配」のすすめ  ベスト8止まりで終わったサッカーのW杯ロシア大会の後、セレソンは現状で6連勝を続けている。数字だけで見ればいい結果を残しているように見えるが、コラム子はこの試合内容があまり好きではない▼なぜか。それはこれらの勝利が、W杯のときとほぼ変わらない陣容でのものだからだ。出場 […]
  • 「明日でいいや」は通らない2018年11月22日 「明日でいいや」は通らない  日曜朝、パンを買いに出たら、隣人が「Sさんが昨日亡くなった」と教えてくれた。1時から埋葬と言うので、帰りに墓地の住所を聞き、葬儀に駆けつけた。Sさんは以前参加していた会館の会員でもあったため、葬儀には顔見知りも多かった▼だが、その中の一人が「これからOさんの葬儀にも行くが、一 […]
  • 《ブラジル》あの三宅ローザの生涯が凝縮された一冊2018年11月20日 《ブラジル》あの三宅ローザの生涯が凝縮された一冊  「Isto é uma […]